手帳に書き残したの最近のブログ記事

20120724.JPG

20120706.JPGNHK「Bizプラス」のインタビューで答えられたグローバル企業の最高経営責任者グルケ氏

我々は「グローカル企業、戦略はグローバルに、執行はローカルに」

戦略に対する具体的な作戦と実行は現場リーダーに任せる。

お客の事は、現場に近い人が情報を持ちますから理にかなっています。

 

最後に言われた言葉が印象的でした。

「グローバルな消費者はいない。」

20120705.JPG大阪フィルハーモニー交響楽団・首席コントラバス奏者:新眞二氏が音楽大学を卒業する指揮者の卵に向けてかけられた言葉

 

「オーケストラの演奏者を興奮させ、君はクールダウンする。」

 

社長の仕事と一緒だと思いました。

 

seisyun.JPG

20120625.jpg

ミネルバのフクロウに関しては、夕方に飛び情報収集するなど諸説があるようですが、

富士フィルム先進研究所では「攻めの経営」のシンボルとしているそうです。(カンブリア宮殿より)

 

時代の先を読む。

政治力に頼ったコダック、市場を創る富士フィルム。

 

フィルム業界だけの話ではありませんね。

20120622.JPG元リッツ・カールトン日本支社長の高野登氏の講演を聞けた。

 

「思い」から「Π」を取ると「志」になる。

つまり自分の上限に蓋をするなと、、

Π(蓋)を取り払うと、高いレベルの志になる。

 

一番印象に残った話でした。

 

20120607.JPG今朝、経営者勉強会で講話を聞いて、気がついた。

 

「やっぱり、、」との発言や思考。

 

ついつい、使ってしまうが、

「出来なかったこと。失敗すると思われた事象」に対して、正当性を求めている自分がいるのでは無いかと。

 

「やっぱり、無理だった。」「だから、言わんこっちゃない。」

これらの言葉を禁止ワードにしようと思った。

20120602.JPG心理学者フェスティンガーは人間の弱点を指摘している。

現場で働く者は、会社のトップに対して悪い報告はしたがらない。悪いことを伏せておいて、社長が喜びそうなことばかりを報告したがる。
 内実は火の車なのに経営トップは、そのことを知らず、うまくいっているとばかり思っているからなんの手当てもしない。

失敗しないためには、フェスティンガーの理論の逆をやる。

失敗しそうな要因を洗いざらい出しておいて、その1つ1つに対策を打っておけば、あとは放っておいても成功する。

成功のことしか頭にないと、必ず失敗する。

「一日一発想 366日」糸川英夫(著)より

成功イメージを持ちゴール設定が大事ですが、同等のリスク対策も大切です。

資料を整理して見つけた文章。

誰が書かれた言葉なのかまで記載がありませんでした、ご存知の方是非教えて下さい。

------------------------------

心構えというよい種をまきなさい

そうすれば態度という収穫物が手に入る

今度は態度というよい種をまきなさい

そうすれば行動という収穫物が手に入る

さらに行動というよい種をまきなさい

そうすれば習慣という収穫物が手に入る

次は習慣というよい種をまきなさい

そうすれば人格という収穫物が手に入る

実りが近づいた、人格というよい種をまきなさい

そうすれば運命という収穫物が手に入る

最後によい運命の種をまきなさい

そうすれば素晴らしい人生が手に入る

-------------

少なくとも「運命」を信じすぎる事は、避けたいですね。

20120519.JPG宮本武蔵が自らの生き方を記した21ヶ条「独行道」

ハガキ道の第一人者に、私の小冊子『賢者の経営五輪書(地の巻)』を読んで頂いた上に、プレゼントとして届きました。


「チョ―嬉しい~」


過去に何度も飲食をともにしたことはあるのですが、冊子がきっかけで武蔵好きであることをお互い知りました。

情報を発信するから気づいてもらえる。
「伝える」ことの大切さを再認識しました。

20120505.JPG第1条 記録の尊重
 記録を大切にすべきこと。すなわち、勘定帳面は一子相伝につき、決して他人に見聞をゆるさぬこと。


第2条 経済上の注意
 倹約いたすべき事。たとえ一時は儲かっても、不時不慮の損失が続けば、たちまち窮乏するのが無録の町人の身上である。従って、常に倹約の心得が肝要である。


第3条 奢侈(しゃし:[ぜいたく])の禁止
 奢侈がましきことは、堅くいたさず、商売大切に相守ること。


第4条 主人の勤勉
 亭主たる者は、朝寝することはよろしからず。


第5条 敬仏勤行
 仏を敬い、お勤めを行うこと。


第6条 国法の遵守
 御公儀の御法度はいよいよ大切に、朝夕忘れぬよう相心得ること。


第7条 会計の正確
 金銀の出入り、毎日正確の処理いたすべきこと。


第8条 家財の購入
 家財の購入も、分限不相応は堅く無用のこと。

20120504.JPG

金沢市の金沢西警察署の裏手にある「大野湊神社」

船のイカリです。

 

江戸時代の豪商、銭屋五兵衛。

「銭屋商訓三ヶ条」より


1.世人の信を得くべし
2.機を見るに敏(さと)かるべし
3.果断(思い切って物事を言うこと)勇決なるべし

NHK TVで世界のバレリーナ「吉田 都」さんがインタビューされていた。

バレエが上手くならない子を持つ視聴者からの質問に対して、

「苦手であれば繰り返し練習し、体に覚えこますしかない。意識しなくても体が勝手に動くまで続ける」
「成果を性急に求めず、時間をかけてコツコツと練習するしかない。」
「今の子は、すぐに結果を求めようとしすぎる。」

ついつい一流選手にコツなるものを求めてしまいます。
何か、秘密があるに違いない。と、

自分もそうでした。

「質」の高い練習方法、勉強方法があるはずだと、、
まずは量稽古の方が大切です。

50歳を過ぎてようやく、最初から「質」を求めていけないことに気がつきました。

 

高校時代の部活。殺されるほど量稽古してたから強いチームでした。

なんで、あの時に気がつかなかったんだろ~?

yoshida_miyako.JPG

kyoujinn.JPGNHKの報道番組「サキどり」でインタビュー中のエリーパワー株式会社の吉田博一社長

 

書棚に飾られた色紙が気になって調べた。

『狂人走不狂人走』

江戸時代の僧、清巌宗渭の言葉でした。

・ひとりの狂人が走ると、普通の人も走り始める。

・ひとりの狂人の情熱と行動で世界が動かされてゆく。

 

スティーブ・ジョブスなどはまさに狂人でしたね。

日本でも業績の良い企業のトップは、狂人じみてます。

20120403.JPG

 

映画『三丁目の夕日』のロクちゃん役、堀北真希主演の『梅ちゃん先生』が始まった。

終戦をチャンスと捉える人、一方その先を悲観するひと。
人間の運命は本人の考え方と行動で決まると、改めて感じながら観ていた。

「松竹梅」で名付けられた三兄弟
優秀な松子、竹夫に対して劣等感を持つ梅子へ義兄からかけられ一言。

『梅は一番早く咲き、希望を与える。』

社長!

プラス面を見つけ出し勇気を与えるのが、リーダーの務めですね~

One day One drop

| コメント(0)

法律って何なんだろう?

本漆が5%以上含まれていれば「漆塗り」の基準を満たすそうです。
(美味しさで有名な「○○産コシヒカリ」表記のコメも○○産100%は珍しいと聞きます。でも、法律違反でない。)

ちなみに石川県輪島では、本漆100%でないものは輪島塗と呼ばない。
もちろん他産地でも100%本漆の漆器はありますが、少ないらしい。

その漆について興味深い話を聞けました。

漆の木を1回引っ掻いて、一日一滴分だけ採取する。

昼の弁当を持って朝から山に入り一日中歩きまわる。夕方にようやくコップ一杯分になるそうです。


欲を張って二回切ると、その日は二滴とれるかもしれないが、木は弱っていずれ枯れてしまう。(One day One drop)

機械を使って伐採して、漆の液を絞り出す新興国もあるそうです。
目先の事しか考えず、知恵の無い人間にはなりたくないですね。

孤独を自分の友にしよう。


孤独を友として向き合った時間は、決して自分を裏切らない。
ギリギリまで自分を追い込めば仕事に磨かれて、それが閉塞状況を打ち破る武器になる。

劇団ひとり氏の書評で知った、猪瀬直樹著『突破する力』より

 

必要最低限のメルマガに絞る、各種会合に不義理してでも極力参加しない。

メールや電話の数が減り、ちょっぴり不安な気持ちになりますが、この言葉で納得。

元巨人軍監督、三原脩「風雲の軌跡」より

当たり前の話ですが、野球のベース上に居るのは安全。
そのベースから足を離さない限り、次のベースには進塁できない。
いくら塁上にいてもホームベースに戻らないと点数は入りません。


20120227.JPG軍艦は放っておくと、次第に喫水が下がり航行速度が落ちて使い物にならなくなる。
乗組員が少しづつ私物を持ち込み、それがバカにならない重さになる。

日立製作所:川村隆会長(日本経済新聞夕刊より)

 

家でも職場でも確かに溜め込みます。


物理的なモノに限らず時間の使い方も要チェックです。
真面目な社員であるほど目を離すと自分勝手な仕事を作り始めます。
悪気は無いのでしょう、重要性を熟考せず遊んでると思われないよう(?)に行動する。

 

パソコンもそうかもしれません。
どんどん重くなり、役に立たなくなります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち手帳に書き残したカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは健康に関する記事です。

次のカテゴリは書籍の紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja