マクドナルドの変化

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-11-24 8.38.58.png










カウンターで注文、待って、受け取って席につくのがマクドナルドの流れだったが
注文番号タテを受け取ってスタッフが席までデリバリーするスタイルへ。
沖縄での実験を経て全国に広がっているらしい。

スタッフが関わる時間が増えるので効率は悪くなるが、
客数が増えて売り上げアップしているので効果性の高い戦略。

カバンを持つ人にとっては早く席につきたい。
先に席に置く手もあるが盗難リスクもあり、
マックのスピードからして置いてる間に出来上がる可能性も高い。

ひとつ感じたのは、ちょっとの時間でスマホを見る現代人にとって
オーダーしたら、さっさと自分の時間に没頭したいのかも!?

セルフによる値段の安さを求めつつも、
ちょっとの待ち時間の排除が響いているのかもしれない。

長年利用していないが今度行ってみよう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年11月24日 07:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タイヤ交換」です。

次のブログ記事は「【道】Project」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja