スーパーコンピューター

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-11-19 12.52.24.png






















日本が誇るスーパーコンピューター「京」の後継機が「富岳(ふがく)」
富岳の試作機が省エネ性能ランキング「グリーン500」で世界一になった。
かほく市にある富士通ITプロダクツより12/2に1号機が出荷される。

神戸の理化学研究所、計算科学研修センターで2021年頃から運用が開始されるとのこと。

どのような恩恵が一般庶民にあるのか実感がわかないが、
気象シミュレーション、医療、DNA解析、宇宙開発など様々な分野で使われているようです。

約30年前のパソコン(最高速マッキントッシュ)では、3Dデータを
パース図に1ピクセルづつコツコツの描いた。
その様子をみながら、頑張れ〜と感じたものです。

今はスパコンでなくパソコンでもほぼリアルタイムに描く。
それだけスパコンの得体のしえないパワーに神秘性する感じます。

一位だけが認めらえる世界だから競い合いが生じる
技術の進歩には驚かされます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年11月19日 12:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「回転寿司の常識を覆して7年で120店舗「魚べい」」です。

次のブログ記事は「「ユーザックの挑戦」角間 隆(著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja