社会心理学者:スタイナーの法則

| コメント(0)
スタイナー.png














本日受講した白井旬氏による「職場の基礎代謝を上げる」セミナーで教わった「スタイナーの法則」
100Kgの物を引く力を持っている人3人と、300Kgの物を引く力を持つ1人が綱引きをした場合、どちらが勝つか?

結論は300kg引く1人の方が勝つ。
何故ならば、3人の方は手抜きが起きるから。
他にも、微妙に引く方向のズレやタイミングのズレが生じるので
100kg+100Kg+100Kg = 300kgとはならない。

組織の中でも同じことが起きて無いでしょうか?

であるならば、
メンバー間の相互支援や相乗効果を発揮させる取り組みが組織では必要

白井さんによると、合宿すると3人で330kgの力を発揮するようになる。
納得です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年11月 4日 19:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八千草薫追悼番組「ドラマ人間模様:シャツの店」」です。

次のブログ記事は「セレブレーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja