【TOC学会】

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-10-20 9.53.17.png

ゴールドラット博士のTOC(ボトルネック:制約理論)で劇的に効果を上げた8名の事例発表を聞けた。
製造業に限らず介護現場、小売店、会計事務所そして農業分野での事例から学べました。
必要と思い込んでいたボトルネック工程を思い切ってやめたとの事例は衝撃的だった。

とても全てを書き切れませんが、投資する前に立ち止まって考えるこは大切ですよね?
行政からの「補助金」に採択されていたが、TOC的に考えれば必要ない設備だと気がつき辞退。その後、流れを変え変更後のフローで有効な設備を翌年に申請したとの話もあった。

リーダーが一人で考えるのでなく、スタッフが一緒になって自分ごととして知恵を出すこと。

スタッフの力を信じること
そしてボトルネック(制約)を見つけ、まずは徹底活用すること。
その上でボトルネックを強化すること。

シンプルですね。
^o^

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年10月18日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夢の新幹線「ひかり号」」です。

次のブログ記事は「中小企業診断士更新研修」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja