谷口吉郎・吉生記念建築博物館

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-10-30 23.25.18.png



















3ケ月ほど前に開館した金沢市の新しい博物館

金沢市の名誉市民でもある建築家の谷口吉郎氏が生家を市に提供して建築博物館となった。

想像してた以上に良かった。
県外の知人には「鈴木大拙館」をお勧めしているが、今後はセットでこの施設も紹介しようと思った。

海外からの観光客、特に歴史ある欧州からの旅行客に金沢が響くのは歴史と文化と思っていますが、
金沢の町並みが残されたのは谷口さんの危機感があったからと初めて知った。
谷口氏の提言がなければ、金沢は他の地方都市と同じように大事なものを失っていたかもしれない。
ぞっとした。

代表作の一つはホテルオークラのロビー&ダイニング
東京オリンピックに向けて都内が突貫工事で進む中(日本橋の上を走る首都高速が象徴)、このホテルは一線を画して建築された。
美しい!

10年ほど前、プライベートなイベントでこのホテルを使うことがあり、ホテル内の和食「山里」も利用したが、
この店も谷口氏の設計と知りビックリした。
なんとなく響くものがあったのかもしれない。

また、この夏に青森の十和田湖に行った時に見た「乙女の像」も谷口氏の作品と知り、驚くばかりだった。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年10月29日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「解決志向のホリステック・コミュニケーション」です。

次のブログ記事は「天皇陛下御即位石川県奉祝大会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja