お祖母さんの知恵

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-10-17 16.12.13.png




















金沢で呉服屋を営み8代目となる店主の話

丁度、私と同じ世代にあたり、子供の頃にプラモデルの「ガメラ」が欲しくなった。
店の手伝いでお駄賃を貯めてから買いに行こうとすると祖母から腕を引かれ、
「そのお金使っちゃうと手元に残らないよ。」と諭された。
「欲しいものがあったら、その価格の3〜7倍のお金を貯めてから買いなさい。」

結局、3倍分を貯めて買いにゆくとガメラは売り切れになっていた。
そしたらウルトラマンの60cmフィギュアが10倍あまりの価格で売り始められていたので
店の手伝いに励んで翌週には買いに行けた。

大人になってからもその習慣は残り、今も続いているとのこと。
せっかくのチャンスを逃すとのマイナス面もあるものの、
自分はこのペースが自分らしくて良いと思っているとの話だった。

環境が人を育てる。
知恵のあるおばあちゃんに育てられたから、着物離れが進む中でも店を営んでおられる。

この社長、毎晩、奥さんと店の将来、夢について語り合っていると言う。
素晴らしいですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年10月17日 16:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中学生と社会人の交流」です。

次のブログ記事は「夢の新幹線「ひかり号」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja