アコジャン2019

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-10-14 19.09.27.png






























第12回:「アコースティック・ジャンボリー法船寺まつり」

年に一度、お寺の本堂がフォークソングのライブスタジオに変わるイベント
地元のアマチュアバンドのみならず、全国からの参加者が多い。

今年は主催者:鰯組の東親方も登場
北朝鮮に拉致されている安達 俊之(あだち としゆき)さんは同級生であり、
会いたい想いをギターを弾きながら唄われた。

12年目となるが、
1回目の赤ん坊の時から母に抱かれながらギャラリーだったリッキー少年は、
昨年に続き、今年も伸びのある歌声で歌ってくれた。

スクリーンショット 2019-10-14 19.18.16.png

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年10月13日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法」篠原信(著)」です。

次のブログ記事は「子供に好奇心を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja