小さくても勝てる。

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-09-17 23.46.59.png


















Japan makes great impact.
1968.6.4の英国紙

ラクビーニュージーランド「オールブラックス」のジュニュアチームを破った時の見出し

屈強な外国チームと渡り合うために、小柄な日本人の特性を活かすように
大西監督が掲げた戦略が「接近」「展開」「連続」
ギリギリまで相手を引き付けてから素早いパス回し
長く待たずに小刻みに右へ、左へと繋ぎ続けられるように鍛え上げた。

そして、鋭く低く足首を狙うタックルで強豪を負かした。

50年前の出来事ですが、今年のワールドカップも楽しみですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年9月17日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「君たちはどう生きるか」吉野源三郎(著)」です。

次のブログ記事は「逆転の発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja