インフラを守る

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-09-12 21.02.20.png

千葉県の一部エリアでは予測以上に停電状態が続いている。
ニュース報道を観ていると復旧時期への見通しが甘かったなど、
いつものように電力会社に批判的な意見が気になる。

倒木数が、推定以上に多くて復旧の足かせになっているらしく、
北陸電力からも応援に向かっており、1万人を超える作業員で対処にあたっている。

自衛隊を派遣してルートを確保は出来ないのだろうかと思う。
人命に影響を与えないから、法的にハードルが高いのだろうか?

病院では生命維持、一般でも生活困難になるほど電気に頼る今日
自衛隊の出動もありかと思う。

ともあれ、電気、水道、情報インフラ維持するには多くの備えが必要であることを
あまりにも話題にしなさすぎると思う。

自分で電力を起こす第2電力会社はともかく、ペーパーでピンハネするだけの
会社の存在はなんなんだと思ってしまう。
今回の復旧費用に対して彼らは負担するのだろうか?


コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年9月12日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8/1.遠野(みちのく旅:その2)」です。

次のブログ記事は「連携プレー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja