連携プレー

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-09-14 3.23.05.png










コンビニエンスストアー同様に飽和状態に達したドラックストアー
地元石川のドラックストアーといえば「クスリのアオキ」

そんなに拡大して大丈夫かな〜、と感じるが
店を利用した時の心地よさは他店と比べて際立っていると思う。

些細なことだが、次のような対応

探している商品が見つけられず店員を探したところ、
レジ係のスタッフ以外には目に入らず、質問しにレジに向かった。
会話し始めた時には、どころからともなく他のスタッフが近づいていて
さっとレジ係にすり替わった。
私と話していたスタッフは、求める商品の場所まで案内してくれた。

他のドラックストアーなら、せいぜい近寄ってきたスタッフにバトンタッチされ
再度同じ質問をすることで案内してもらう流れになると思う。
レジ係は持ち場を離れずにレジ係に撤するのでは無いかと。

このあたりの連携プレーがアオキの強さですね。
めちゃ、細かい話です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年9月13日 23:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インフラを守る」です。

次のブログ記事は「大店舗法に基づく地元説明会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja