前提を疑う

| コメント(0)
苦労して逮捕した容疑者を取り逃がすとの事件あり。
この手の警察のミスがやたらと多いように感じる。

今日の事故は警察病院内で車椅子で移動したいた容疑者がトイレに
入った際、監視役の警察官に「置き忘れてきたメモ帳を取ってきて欲しい」と言った。
その隙を狙って病院から逃亡したとの報道

車椅子の人間が歩くはずがないとの思い込み?
警察病院内との油断?
容疑者は觀念しており脱走する筈がないとの思い込み?

発生した後は、何故もっと疑わななかったのだろうと後悔する。
悔やむ前に思い込みのベースになる前提条件を疑う視点を持ち続けたいと思った。


コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年8月19日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「年輪経営」塚越寛(著)」です。

次のブログ記事は「「軽減税率制度」という無駄」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja