常識に囚われない「斜めの横断歩道」

| コメント(0)

スクリーンショット 2019-08-11 0.13.35.png
常識を疑え!とは、よく言うが、実際に壊す人はほんと頭が柔らかいと思う。

名古屋の熱田署交通課の伊藤豊巡査部長が考案した斜めの横断歩道。
コロンブスの卵、あ〜その手があったか!
やられた〜

事故が1/3になったらしい。


8年ほど前のヒヤリ体験から「ドライバーが歩行者を見落とさない横断歩道を作れないか」と考えるようになったという。

私も視界の悪い夜間、横断歩道で轢かれそうになり飛びのいたことがある。
しかもドライバーは気がつかないままに走り去っていった。

照明をつけたらどうかと思う程度で、深く考えることは無かった。
横断歩道は垂直に引かねばならないとは思い込みですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年8月10日 23:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Uberありなら保育士もありでは?」です。

次のブログ記事は「【7/24.伊奈食品工業:かんてんぱぱ訪問記】その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja