7/30.毛越寺(みちのく旅:その1)

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-08-16 0.04.58.png
7/30〜8/3まで東北みちのくの旅
記録を残すべく順にアップしてゆきます。

金沢駅6:00発、大宮で乗り換えて10:08一ノ関駅着

駅前から平泉へ向かう途中、様々な店の看板を眺めるうちに
文字がメチャ大きいことに気がつく。
写真で残せなかったのが残念だが、看板の大きさに対して目一杯のフィントサイズで表示してある。
(地域性を感じた。)

最初の観光地は「毛越寺(もうつうじ)」

恥ずかしながら初めて聞く名の寺だった。
五月には曲水の宴が執り行われ、明日(8/16)は法灯会があるようである。

東北地方を治めることになった藤原清衡が一番に望んだことは「平和な世の中をつくる」こと。その藤原家の力を感じさせるエリアだった。
この「平和な世の中」の思いは東北全体に行き渡ったようで、4日間の旅を通して東北は過ごしやすい地域と感じた。(冬を知らずしての発言)

藤原の理念が引き継がれていますね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年8月15日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八村塁選手、スイッチon!」です。

次のブログ記事は「「マルカン大食堂の奇跡」北山公路(著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja