松尾八幡平地熱発電所

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-08-01 0.06.38.png



















スクリーンショット 2019-08-01 0.06.08.png















スクリーンショット 2019-08-01 0.06.16.png
















スクリーンショット 2019-08-01 0.06.23.png



八幡平の帰り道で偶然発見した自然界のサイクルに沿った地熱発電所

2019年1月29日より本格運転を開始。
出力7,000キロワットを超える地熱発電所の稼動は国内では22年ぶりで、なんと15,000世帯の電力を賄える発電量とのこと。

初期投資額が大きいのが課題と言われながらも
15年程度で回収でき、その後はメンテナンス費用で済む発電システム。

目に見える部分だけの判断だがとてもコンパクトな施設。
地元石川では白山市も候補地にあがっているようです。

もっともっと普及することを望みます。



コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年7月31日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルカン大食堂の奇跡」です。

次のブログ記事は「河童の伝説力」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja