【かんてんぱぱ訪問記】その1

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-07-29 9.23.22.png
























『年輪経営』で有名な伊奈食品工業(株)を視察

始業時刻前の清掃活動から朝礼、そしてチームミーティングへ


清掃は自主参加、リーダーがいちいち指示する訳ではなく各々が気になった所を清掃したり樹木の剪定をする。
清掃道具は必要なものを提案することで新たに購入される。
今は高圧洗浄機を検討中とのことで、楽して目的を達成するならばどんどん採用される。
休日、自宅の清掃の為に持ち帰っても良く、またその為の届け出も不要。
返さなければ皆んなが困ることになるので、紛失することは無いらしい。


一般的には自主参加と言いながらも人事考課が気になって、渋々清掃活動する人もおりそうだが、この会社では居ないそうです。逆に上司側が「あの野郎、今日も来てない。」とイライラするくらいなら来なくて良いとその上司側を諌めているとのこと。


傘立て、柄の方向まで揃えてあります。
とにかく気持ちよく、清々しい。


社員のスタッドレスタイヤ購入補助はもちろんとして、カーポート設置費用にも補助金を出します。なぜならば冬場の出勤までに無駄な時間を使わせたく無い。
出勤は左折、左折で会社に到着するルートを選択する。
なぜならば、右折車両があると渋滞の原因になるから。
町全体に無駄が生じないように配慮されている。


掃除を通した気づき力
徹底的に無駄を排した環境とすることで仕事がはかどる。
強制力やプレッシャーがないから挨拶も自然体。


「雨の日はどうされているのですか?
カッパ羽織って清掃するのですか?」
と質問したら
「やりません。大きなゴミを拾う程度です。」
との返事。
そんなシンドイことしないですよ〜
言葉にはありませんでしたが、そのような雰囲気でした。


自分たちが働く空間(会社、周辺)を気持ちよく保つ。
ネガティブな感情は起きにくくなるな〜と感じました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年7月29日 09:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「基本の徹底」です。

次のブログ記事は「マルカン大食堂の奇跡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja