雇用関係

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-07-23 0.11.01.png
マスコミでは吉本興行の記者会見ネタが多い。
記者からの質問にあったのかどうかわかりませんが、根本的にわからないのは芸人との雇用関係。

仮に各々の芸人が個人事業者なら会社と会社の関係なので
吉本に断らないとアルバイトもできないのだろうか?
と思う。
生活してゆくために芸能活動に限らず、コンビニでバイトしたりする若手芸人もいると思うがいちいち届け出をしていると思えない。
となると闇営業って何?

社員扱いだとすると、労働基準監督署は最低賃金をどのように見ているのだろうか?
普通の会社とは異次元の世界なので、厚労省の管轄外なのだろうか?
でも株式会社ですよね?
となるとマネージャーさんとかは社員やパート扱いで、芸人はお互いが納得ずくでの都度契約の気がする。

ところが、その納得の部分が曖昧であり、仕事がもらえる・もらえないの力関係があるので
芸人は弱い立場にある。

smapから抜けた3人が干されている話もありましたが、
この世界も転換期にあることは間違えないようですね。

上下関係が崩れて水平関係へ
組織に依存しない労働流動性が高まるのは好ましいと思います。

逆に言えば、組織のトップは魅力あるチーム作り、ミッション、理念を持たないとメンバーが揃わない時代になりました。
「わろてんか」にあったように芸人を家族のように大切にする会社に戻って欲しいものです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年7月22日 23:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グレーゾーンを失った郵政?」です。

次のブログ記事は「海の日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja