アポロ計画の歩み

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-07-20 0.10.58.png




















アポロ7号:1968年10月11日:地球の軌道を11周回飛行に成功
     (日付は発射日、以下同様)

アポロ8号:1968年12月21日
     先日のブログに書いた通り、予定を前倒しして
     一気に月の周回軌道を成功させる。
     アポロ7号の成功から2ヶ月後
      
アポロ9号:1969年3月3日(ほぼ3ケ月後)
      10日間地球を周回、月着陸船の性能試験および船外活動を試行
     (月には行っていない)

アポロ10号:1969年5月18日(ほぼ2ケ月後)
      2度目の月周回飛行を成功させる。
      月周回軌道上で月着陸船の性能試験を実施

アポロ11号:1969年7月16日(ほぼ2ケ月後)
      有人月面着陸を成功させる。

アポロ8号のチャレンジから7ケ月後
8号の成功無くして60年代に月に人類を送り込むとのケネディの夢は実現しなかった。
期日設定の重要さと変異点(一気にジャンプするポイント)があるから
イノベーションが成り立つのだと思った。

明日で月面着陸から丸50年です。




コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年7月19日 23:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なるほど」です。

次のブログ記事は「アーサー・C クラークの2019年7月20日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja