働き方

| コメント(0)
通信会社ショップへ
日曜なので賑わっており120分待ちの表示
私の用事は頂くものを頂いて帰るだけなので早々に対応してもらえた。
どのスタッフも疲れ切った顔をしており、大変だな〜と感じた。
昔と違って、1案件ごとの説明が懇切丁寧で時間をたっぷりかけているように思います。
様々な割引制度が複雑化して、うっかりすると後々怒鳴り込まれかねない。
その対策かとも思いますが、冷静に考えれば単なる通信機器、電話でしょ。
と思ってしまいます。
通信会社が競い合ううちに業界で自分たちの首を締めているような、、
思わず、店のスタッフに「かなりお疲れのようですがお大事に!」と労ってしまった。

その後、電源ケーブを買いに大手家電量販店へ
通信機器の売り場には、めちゃ多くのスタッフが客待ちで突っ立てる。
一方レジは列になっているのに、二人だけでアクセク対応中。
会社が異なるから、レジに応援にもいけない。

通信キャリア会社、今がピークかもしれませんね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年6月30日 20:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堺屋太一氏の原点」です。

次のブログ記事は「目標設定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja