目標の規模に手段を合わせるな!

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-06-14 8.10.59.png今日もJDIについて思うこと。
明らかに重装備で無理があった。

投資額は1,700億円。建て替え資金を出したアップルへは年間数百億円の返済が負担となっている。

何故、これだけの規模の工場が必要と判断したのか?
スマホの市場規模が成長段階にあり、競合他社に負けないように供給量を増やす必要があったから。

まず、目標規模があって手段(工場)の規模を合わせようとした。

作れば売れるとの思い込みは怖い。
自社製品が受け入れられるのは規模ではなく、そこに価値があるから。
他社にない価値があれば「しばらくお持ちください。」と言える。

日本人が規模を追うことは日本的DNAに適していないと思う。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年6月14日 08:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「原則から外れていた。」です。

次のブログ記事は「手段の規模に目標を合わせよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja