書道家:松井良憲師範を偲ぶ会

| コメント(0)
スクリーンショット 2019-04-23 21.35.38.png
昨年の秋から体調を崩され、本年3月に逝去された書道の師範
書道教室で学んだ十数名が集って偲ぶ会がもたれた。

実質2年程度しか習えなかったが、書道以上に生き方や考え方を学べたように思う。

・不自由な体ににも関わらず、毎回道具一式を持ち込んで設営と撤去。参加者が数人の時でも変わらずに愚直に続ける姿勢

・SNSを積極的に活用し毎朝の散歩風景をアップするほどに好奇心旺盛だった。

・来年8月にギャラリーでの個展を予定していましたが、「プロジェクターを使って映写したい。他の書道家がやってないことをやりたい」とのチャレンジ心
などなど

ご冥福をお祈りいたします。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年4月22日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スーパー営業マンよりも再現性が大切」です。

次のブログ記事は「本田技術研究所」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja