「消費は0.2秒で起こる! 」西田文郎(著)

| コメント(0)

具体的な脳の使い方を指導される西田文郎先生の最新版

アインシュタインの言葉から始まる。
「ゲームのルールを習得し、学んだら誰よりも上手にプレイする。」

理論を知るだけでなく、実践が大切。
しかし、
一生懸命やっているのに成果に結びつかないのは、
してはいけない努力をしている。

ポイントをかいつまんで書き出します。

・経営計画書はウソでいい。
 そのウソを心の底から思い込むことができれば、脳はその実現に向かって全力であなたを操る。
「根拠のないウソ」を「根拠あるウソ」に変えてゆくために、具体的な目標を設定して理論的に手段を講じて、徹底して詰めてゆく。

①3年後の最終目標をイメージ化
②そのイメージ実現の為、1年後を「基礎目標」として設定
③一年目をクリアーして、3年後の実現へのプロセスとして2年後を設定

「3年で変化できぬ者は、何もできないと思え。」
「本気で考え、本気でのめり込み、本気でやれ!」

経営者が、しなくてはならない二つの努力
(1)現在の売上を伸ばす努力
(2)将来の売上を伸ばす努力

脳に異常集中させるクセをつける。

ーーー
ワクワクすると買いたくなる「脳の法則」
「オヤ? ふむふむ なるほど!の法則」
「おかずの法則」で購買動機をつくる。
お客様を虜にする「ジョウゴの法則」

これらを活用して、ビジネスを独自化する。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2019年1月 1日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「目が届く、手が届く、心が届く」です。

次のブログ記事は「社名に元号を使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja