東海道新幹線構想

| コメント(0)
スクリーンショット 2018-12-17 14.01.54.png



























国鉄が天文学的な数字の赤字に陥り、民営化されて今のJRがあるわけだが、
来るべき自動車や航空機の時代を迎えつつあるときにも同じく赤字にあったらしい。
鉄道の時代は終わったと評される中で東海道新幹線構想をぶち上げた人がいる。
蒸気機関車の時代は終わるかもしれないが、電化による高速鉄道のビジョンを描いた。
東京オリンピックの9日前に開業に至る。
その後、イギリス、フランスそしてドイツが追従することになった。
つまり、高速鉄道の可能性を見出して具現化したのは日本人だった。
閉塞感溢れる中では、夢を持つことでエネルギーが放出され
共感者が創りあげてゆくに違いない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年12月16日 16:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「百匹目のサル」最初のサルは、、」です。

次のブログ記事は「目が届く、手が届く、心が届く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja