コンビニより早かった24時間営業

| コメント(0)
私が学生時代、コンビニのセブン・イレブンのCMは「(23時まで)開いててよかった!」
今では当たり前の24時間営業のコンビニですが、40年前はそうでは無かった。
そんな時代、24時間営業を日本初で始めたのが立ち食い蕎麦の「富士そば」
丹道夫社長の発想だったが、誰1人として賛同しなかったらしい。
・深夜にお客がくるはずがない。
・働く人はいない。
・電気代の無駄

ところが、やってみると
・タクシーの運転手はじめとして深夜の時間帯で活動する人に喜ばれた。
・なんらかの事情があって昼以外の仕事が必要な人がいた。
・電気代はさほどのコストアップにならなかった。(深夜割引効果かな)
・想定外の効果として、閉店時に売れ残りで捨てていた食材ロスがなくなった。

もしかしたら、セブンは富士そばの成功をみて24時間化したのかもしれない。

スクリーンショット 2018-09-27 23.01.28.png

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年9月27日 23:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「貴乃花親方(退職)引退」です。

次のブログ記事は「ソフトクリームを落としても、、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja