加賀ロータリー様にて講話

| コメント(0)
スクリーンショット 2018-09-24 10.53.06.png

昼食事の時間帯を活用して地域の社長などリーダーが毎週集うロータリークラブ。
その加賀ロータリークラブにて講話の機会を頂きました。

タイトルは「希少リソースを徹底活用して三方よし」

以下、レジュメの内容です。
・「目標レベルに資源を合わせず、資源の規模に合わせよ!」
・「今日を取り逃がす人は、一生を取り逃がす人」かも?
・今の力(資源)をフル活用(全力投球)するしかないと腹をくくる。
・効率性でなく効果性を重視するのが戦略家
・制約理論の視点
・欲を張ってむやみに広げない、欲を張らないから帰ってくる。
・6次産業化は正しいのか?
・稀な存在になるとは、

時間の関係もありましたが、うまく伝えきれなかったと思われる点を今後の為に自己補足
入社間もない店舗スタッフが経験や知識不足を理由に十分な顧客対応ができないと思っていたとします。入学試験をイメージさせる。解いたことのない設問だからとの理由でギブアップしないと思う。
参考書を開くことを許されない中で「今の力」で制限時間一杯つかって格闘するのでは?
仕事も同じで「この瞬間を今の自分」で出来ることに全力投入させる。
一生懸命さはお客にも伝わるし、自分の足りないことが見えてくる。わかったつもりでいて実はわかっていないことも身にしみる。
スタッフにこのように話すことで、逆に気持ちが楽になることを伝えて欲しい。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年9月20日 14:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セーフ」です。

次のブログ記事は「日本高校ダンス部選手権」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja