2018年8月アーカイブ

変革の最初のステップ
①経営資源をイノベーションに注力
 「明確化と集中」
 新ブランドや新製品への投資、新たな地域への進出など、すべてを最大限にする為に、極端にやり過ぎていた。
ところが、主力カテゴリーやトップブランドをもっと着実に育ってて収益を上げることが喫緊の課題だった。

受注に対して97%を出荷、3%は出荷しこねていた。
出荷ミスをなくす管理体制をしつこく続けた結果、0.4%以下にまで下がった。

あまりにも高い価格で設定されて点も焦点をあてて検討した結果、毎年2ポイント値下げして消費者によりよい価値を提供できるようになった。

②統合された経営プロセス
1.目的と価値観の動機付け
2.背伸びすれば手の届く目標
3.選択肢のある戦略
4.他社にない強み
5.実現する組織
6.一貫性のある信頼できるシステム
7.勇気に溢れる人とつながりのある文化
8.人を奮い立たせるリーダーシップ
P&Gの実例を基に書かれた本

・すべての中心を消費者におく
 二つの「真実の瞬間」
 ①製品を購入する時
 ②製品を使う時

・外に開かれたオープンな開発モデルにする。
 長い間自前主義で開発してきたが、イノベーションを起こすにはあらゆるコネクション、人と人とのつながり、人を巻き込みアイディアと解決策を増やしてきた。
15%だった社外からの新製品・新技術の調達率は50%を超えている。

・持続可能な内部成長を遂げることを優先する。
 その為にはイノベーション中心の組織をつくる。

・イノベーションを新たな視点で考える。
 ①プロセスととらえ、各々のプロセスが主要な経営判断に統合されて連動して動くこと。
 ②製品、技術、サービスに限定せず、コンセプト、経費削減もイノベーション対象とした。
 ③リスクが高いからリスク要因を把握して、管理するツールやノウハウを身につけた。
  失敗から学び、リスク管理能力を向上させるように常日頃から心がけた。

土壌が大切

| コメント(0)
7年ほど前にやる気溢れる農業事業者向け経営セミナーで「経営戦略」を担当
その時の受講生の一人が写真のブドウ農家さん

ルビーロマンを作っている農業青年!
今も青年と言っておきましょう。(笑)

美味しいブドウを作るには、土が大切なのだと力説していた。
その考え方に共感して、毎年美味しいブドウを頂いております。

スクリーンショット 2018-08-22 14.41.35.png

プロスペクト理論

| コメント(0)
ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンと、エイモス・トベルスキーによる人間心理の理論
心というよりも人間の脳はいかに騙されるかを示した行動経済学

・多くの人はチャレンジして得られる可能性がある利益額よりも、額が半減しようとも直ぐに手にできる方を選択する。
・一方でなんら手を打たずに損失するよりも、額が増えるリスクがあってもチャレンジすることで損失を減らしたいと判断する人が多い。

ある程度の人間関係がある人への新規顧客開拓に当てはめると、
A:営業してお客様になる。
B:人間関係を悪くしたくないので、何らアクションを起こさない。
C:人間関係が壊れて絶交されるリスクがある。

一般的にはB.が多い中で、ハングリーな人が成功する理由が良くわかります。

要点メモ
・日本人の特徴として「決められない」
 自分の頭で考えなくてもなんとかなった時代が長かった。
・本当は「決める」ことはシンプルであるにも関わらず、「余計なこと」
 が決断を鈍らせる。
 余計なこととは社内の人間関係とか、目的とは無関係なこと。
・数字、ファクト、ロジックで意思決定が早くなる。
 「数字」は元データに遡ること。
 「ファクト」と「意見」は異なる。「客観的事実」がファクト
 前提条件に気をつける。前提が変わればロジックも異なる。

・決めるルールを設ける。
 ダラダラ考え続けてもよい考えは出ない。
 まず「捨てる総量」を決める。
 時間を区切る。
 画一性の錯覚に気をつける。
 
・上司は答えを出さず、部下に任せる。
 コアバリューを文書化する。

・7割行けると思ったら動く。
 動きながら考える。

・迷ったら直感で決める。
 さんざん言ってきたが、自分の直感を信じる。
 大量のインプットで直感の精度が上がる。

・直感で動くことができない理由
 「仕事がすべて」と思い込んでいる。失敗しても人生が終わるわけではない。
 人からどう見られるかがきになる。
 直感で決めたことを倫理的に説明できないので不安になる。

・直感を鍛えるには、「旅」「本」「人」
 先人の思考プロセスを真似る。

・仕事は人生の3割(睡眠時間と生活時間を除くと3割にすぎない)

近所の空き地に数ヶ月前よりマンション建設が始まりました。
建設会社より「騒音や通行止などでご迷惑をお掛けします。」的なチラシのポスティングがあり、工事が入るのだと認識。

ところが、毎週のようにこのポスティングが入る。
えっつ、別の場所でも始まるのかと思いきや、細かい文字を読み込むと次の工程が始まるとの記載。
そんなん、どうでもいいし。進捗管理者でもないし。^^;

今も毎週のように投函される。
毎回、ゴミ箱行きにしていたがファイリングしておいて、全部集めた人にはビール券でも配ってくれた方がよっぽど嬉しい(笑)

そんな状況の中で、家の前でタバコの吸い殻を発見。
えっつ、この十数年見かけたことがないだけにビックリした。

そういえば、作業員の皆さんは朝昼夕に駐車場にでも行くのか家の前を歩いてゆく。
証拠はありません、一般の通りすがりの人が捨てたのでしょう。

そう考えると、ポスティングしてる間に月に一度でもよいから道路の清掃活動をしてくれた方が、その建設会社の評判は良くなると思いますが、如何?
創業30年となる雑誌『レタスクラブ』
2016年に松田編集長が就任して様々な改革を実行
半年後には3号連続完売するに至ったらしい。

歴史があり、強烈なファンの存在があるにも関わらずネット上では話題になることが無かったらしい。

ところが、ある読者が『レタスクラブ』が面白くなった理由をあげつつ、まとめサイトを作った。
その途端、今まで無言だったファンたちが至る所から現れ、
・最近の『レタスクラブ』って面白いよね。
・昔から『レタスクラブ』大好き。
・『レタスクラブ』ってすっごく良くなったよね。
等、投稿し始めたそうです。

つまり、『レタスクラブ』のファンは、自分では良いと判断しているにも関わらず
人に勧めて良いのだとの自信を持てていなかった。
背中を押されるような感じて、堰を切ったように閉じていた口を開き始めたそうです。

ファン心理の面白さ、不思議さを感じると共に、きっかけを与える。
ちゃんと好きであることをオープンにできる場を設けることも企業側は考えて良いのではないかと思います。

知る人ぞ知るでは良いのではないか、、
これも一つの考え方ですが、知らない人に価値をちゃんと伝えることは
世の中にとって大切なことかと思います。

応援される力

| コメント(0)
後出しジャンケンにならないように予告します。
明日の高校野球甲子園大会、優勝は「金足農業高校」でしょう。
なぜならば、関西地区の以外の人の多くはこのチームを応援すると思われるからです。

大リーガーの大谷翔平、水泳の池江璃花子選手等も無条件に応援したくなります。
純粋に真摯に打ち込んでいる姿を観ると応援したくなる。

会社経営も同じようにお客から応援される会社が伸びるの時代だと感じます。
会社がファンを創ると云うよりも、お客様の為に愚直に真摯に誠実に仕事を楽しんでいる会社は存続させたいですよね。
スクリーンショット 2018-08-20 23.25.46.png

スタジオ・ジブリの鈴木プロデューサー曰く
「旬の時を逃して、何時観るのだ!」と言わしめた講談師:神田松之丞。

プロの講談師は80人しかおらず関東に60名、関西に20人。
競争相手が多い芸人や落語でなく、ニッチ市場でトップを狙う「弱者の戦略」

講談の世界を知った時に「宝の山」を見つけた気持ちだったとインタビュー番組で話しているのを観て関心を持っていました。

ラッキなーことに金沢で、オーケストラアンサンブル金沢のオペラとの共演があった。
共演といっても1部、2部で分かれて同じテーマ「卒塔婆小町」を演じるとの趣向。

今、もっともチケットが取れない独演家らしく、引き込まれました。
言葉の「氣」が凄かった。

実力からして落語家の道を選んでも人気者になったと思いますが「講談師」を目指す若者が増える気がする〜。^o^


スクリーンショット 2018-08-19 10.54.33.png

スクリーンショット 2018-08-19 10.41.52.png































昨日のブログで日本人は組織になると思考停止に陥ると書きましたが、業界団体も同様に集団化すると先のことを考えなくなるのかもしれません。

今朝の北國新聞【北陸経済】によると、
富山県の製薬会社が厳しい状況にあるとのこと。

確かに法律が改定された数年前、高速道路インターチェンジ近くには薬の工場が競うように建てられていました。
大手製薬会社からの委託製造(OEM)による受注拡大が見込まれるとの判断だったようです。

しかしながら、想定したほどの受注量が無かった。
そりゃそうだ、受け皿を大きくしても国全体では薬の量を減らす方に向かわせている。
(大手はこの辺にリスクを感じて、製造委託の道を広げたのでは無いですか?
と、突っ込みたくなる。)
海外に活路といっても海外には、なにかと守られた状況にある国内と異なり
強者がひしめく。

ジェネリック製薬との道もできたが利幅は薄い。
規模は大きくとも下請けである以上は厳しいな〜と感じる記事でした。

格言
「目標の規模に手段を合わせるな。手段の規模に目標を合わせよ」

まずは、現有設備をフルフル活用してからの先を見据えた投資が正しいですね。

小説家:津本 陽

| コメント(0)
坂本龍馬の暗殺に関して様々な説があったが、実際に現場で実験して見て
それらの説を否定した人でもある。

部屋の高さからしてお互いが立ち上がった状態では刀を振り上げられない。

横方向に力一杯に払わなければ斬れない。
となると仲間がいると同士討ちになってしまう。
したがって単独犯の可能性が高い。
油断していた二人に対して、一気に飛び込んで左右に斬ったとの結論を出した。

本当のことはわかりませんが、剣の小説を書くために日本刀で竹を切る稽古までしてリアルを大切にした作家だったようです。

その津山さんの日本人の長所と弱所に関する考察:
長所は自由競争になるとものすごく強い、発展力がある。
ところが組織化されると思考停止の状態になる。
つまり、集団になると一人ひとりがモノを考えなくなる。

スクリーンショット 2018-08-18 23.53.52.png




スクリーンショット 2018-08-19 12.54.46.png






































金沢で着物レンタル店「心結」の越田 晴香社長の新聞記事
金澤の街を着物を着る人で一杯にしたいとの純粋な想いで、着物姿でヨーロッパまで案内に行くほど行動力とアイディア溢れる方。

彼女の行動や振る舞い、いつもニコニコは笑顔を見ていて感じる論語の言葉
『知之者不如好之者、好之者不如楽之者』

なんだかんだ言っても、そのことが好きで好きでたまらない、楽しくてたまらないひとにはかなわない。

良かった。

| コメント(0)
山口県で行方不明になっていた2歳児が無事に救助されて良かったです。
78歳のお爺さんの捜索によって発見。
子供の習性として山を降らずに上に登るだろうとの推測に基づいて捜し当てた。
自然とともに生きている感じの方。
トンボが寄って来て手に止まったのが印象的だった。

これからの時代、このような感性を持つ社長が事業を成功させるのかもしれない。
スクリーンショット 2018-08-15 21.03.13.png

アイルランド、ダブリンでの昔話

俺たちも普通の人のように朝までゆっくりに寝たいとの意見で合意、

早朝でなく通常の時間帯では働くことで団結したパン職人組合。


前日焼かれたパンで我慢せざるを得なくなったダブリン市民。

そこに目をつけたのが郊外のパン屋


通常よりもさらに早起きし普及し始めた車にパンを積み込んで

街に売り込みに来て成功したらしい。


The early bird catches the worm

車という技術革新を使ったのも当時では画期的でした。

サンフランシスコを拠点に全世界で十数店舗展開するアパレルショップがある。
27際の女性が両親から、若い人向けの店なのだからと任されて社長を務めている。

私はとんがったことをやりたい、
靴をワンサイズで絞って展開したい夢を持っていると言う。

なるほど、このような絞り込み方があったかと感心した。

母校へ

| コメント(0)


甲子園では高校野球真っ盛りではございますが、我が母校「金沢桜丘高校」でも練習試合で全国からバレー、サッカー等々の他校生が募ってました。
暑い中、高校生は元気ですね〜 ^o^/

出身大学「芝浦工業大学」のアピールに訪問。
校長先生と進路指導課の先生に三桜会館を案内してもらえました。
第三中学時代の建物ですが、耐震補強工事を終えて茶室やブラスバンド、演劇部などで有効利用されています。
在学中は図書館になっており、木造の古い階段のきしむ音をドキドキしながら登ったものですが、軋み音はそのまま鳴るようにしてあるのが嬉しかった。

私の時代40数年前との変化
・理科系の比率が高まっている、特に理系の女子が多い。
・「金沢桜丘高校」の受験倍率が高いのは駅から近いから。
・関東圏の大学を目指す生徒は減っており、地元志向が強い。
・仮に県外に進学した場合、学生寮を希望する学生が増えている。これは、経済的理由以上にハリーポッター効果とみているそうです。

へえーと驚く話しが多かった。
一番嬉しかったのは、怪しいおっさんに女子高生が「こんにちわー」と挨拶してくれたコト。

いい子らや〜(笑)

「金沢桜丘高校」は、2020年オリンピックの年に創立100年を迎えます。
卒業生以外からもカンパ募集します。(笑)

スクリーンショット 2018-08-07 16.44.55.png

損して得とれ

| コメント(0)

1984年、アイルランド郵政サービスの実験

「ペニー・ポスト」の日として1日限定で19世紀時代の切手料金で郵送することを行った。日本円でいえば数円の切手でしょうか。

内部では猛反対にあったが、DM業者を外す意味で宛名が手書きの手紙に限定して運用。

結果は、手紙をもらった人が返事を手紙で書くことに繋がり、郵便需要が歓喜されたらしい。


今は時代が違うとか、様々なマイナス意見が出て来そうですが、

日本でもやってみたら面白いと思いませんか?



アイヌ語の「ヤイコシラムスイエ」
「自分に対して自分の心を揺らす」ことが考えるという動詞。

日本語の辞書によると「かむかう」が語源
か:彼 に向かうが日本語の「考える」 

民族によって言葉の世界観が異なる。
だから民族の言葉をきちっと守っていかないといけないと思っています。

ハワイはアメリカに統合されてからハワイ語が奪われた。
1983年にハワイ大を出た子が子供をハワイ語で育てたいとの思いで、
ハワイ語だけの幼稚園を作った。
その後小中校大学までハワイ語だけで授業を行う学校へと展開されている。

アイヌ語復活など夢の夢かと思っていたが、可能かもしれない。

ラジオインタビュー番組より金沢出身の本田優子さんの言葉でした。

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja