2018年7月アーカイブ

私のコミュニケーションの師匠:黒丸尊治先生をお招きしてセミナーを主催致しました。

「7/21.解決思考のホリスティック・コミュニケーション2018」
略してホリコミ。


様々な職種、約40名の方に参加して頂けました。
改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

最近使われることが多くなった「ホリスティック」とは、大局を観ることと捉えても良いと思います。
黒丸先生はホリスティック医学に30年以上も関わっておられ、体の一部だけを取り上げてもその人が健康になるとは限らないことを現場で感じておられました。
また、薬や西洋医学よりもその人が本来持っている「治癒力」に着目し、思い込みなどの心の持ち方を変化させることで成果を出されているドクターです。

一般的に「コミュニケーションを活発にすると良い。」
と、よく言われますが、良かれの思いで発した一言が相手の負担になることもありますよね。

例えば「大丈夫、あなたならきっと出来ますよ。」
自分は他の人と比べれ上手く出来ないと思っている相手に、このように励ましても前進するどころか、さらに出来ない自分を責めさせることになりかねない。

これは【有害援助】の一例(笑)
(統計では8割らしい。怖っ!)

過去とヒトは変えられないとの名言もありますが、
思いつきだけで話すのではなく、ちゃんと会話を組み立て、使う言葉に気を配る。

知らずしらずのうちに変わったしまうポイントを意識して対話する。ヒトは変えられないが「関わり方」は工夫できる。

コミュニケーションの「質」をあげる事例とデモンストレーションを観せて頂きました。

あっという間の3時間

参加者からのフィードバックとして、
・多くの気づきがあった。
・過去の部下との会話が有害援助だった!と思い当たった。
・自分の課題が少しわかった。
・ヒトってめんどくさいけどやっぱりオモロい。
・新しい気付きもあって、すごく勉強になりました!
・問題抽出から解決までの解説が分かりやすい。
・とても印象に残りました。
・学びの多いセミナーでした。
・答えを伝えるのではなく、相手が答えを生み出すことを意識して会話する。

小・中学生と一緒に参加された親御さんより子供達の感想を聞かせてもらえ、
子供には、ちょっと難しかったかな〜と感じていた自分が恥ずかしくなりました。^^;
自分の思い込みに気づかされました。
子供は素直でちゃんと受け止めていますね〜

「5時からセミナー(懇親会)」もメチャ盛り上がりました。^o^/

今回、都合つかず不参加で残念と多くのメッセージありましたし、参加者からは大好評でしたので来年も企画したいと思います。

ご期待ください。


スクリーンショット 2018-07-23 13.29.30.png

このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja