禅語「白珪尚可磨(はっけい なお みがくべし)」

| コメント(0)
今朝、学んだ禅語

中国最古の詩集・誌経(しきょう)の中の教え。
白珪とは上が丸く、下が四角い完全無欠のきれいな玉のこと。

これ以上磨きようがない玉をさらに磨こうと努力をすることが大切との意味らしい。

まずは、きれいと感じて思える「珪」を目指します。




コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年5月10日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【孤掌鳴らし難し】」です。

次のブログ記事は「「学ぶ」と「研究」の違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja