2018年3月アーカイブ

itoumima.jpg
卓球の伊藤美誠(いとう みま)選手

・体一つ分卓球台近くに立つ
 自分の時間を削るとのリスクをとってでも、自分の勝ち方をつくる。

・球を見ずに相手を観る。
 点で見ないで球を予測する。

・球を回転させない。
 サルと同じ筋肉を使った「みまパンチ」

伊藤選手本人のコメント
体が小さいことを言い訳にしない。
上のクラスの選手がやらないことを、やらない限り勝てない。
それは小さい頃からの感覚でつかんだ。

しんどいけど、きついけど楽しい。
楽しくなかったら、強くなれない。
楽しいことが一番最初
楽しいってなれたら、強くなれる。
自分が頑張ればついてくる。

NHK「TOKYOアスリート」より

「カレーハウスCoCo壱番屋」創業者の宗次徳二氏
石川県生まれで同じ「徳」の字が名前につくので親近感もあり、とても好きな創業者です。
書籍やDVDで学び、セミナー後に名刺交換した後には、ご丁寧にもハガキが届きました。
質素で実行力のある方です。
裕福な環境でなく、貧乏な暮らしをされた宗次さんが、
クラッシック音楽に強い関心を持たれていることが謎でした。

朝刊によると、生活が苦しくアルバイトで家計を支える中で、
養母が譲り受けてきた白黒テレビをつけるとバイオリン協奏曲が流れてきた。
貧しさから生じる心の鬱屈を弦楽器の旋律が癒してくれる気がした。

クラッシクには人を優しくさせる力がある。
この魅力を多くの人に伝えたい。
2007年、28億円の私財を投じて音楽ホールを建てるに至った。

多くの経営者は資金を溜め込んで自分のことに使いがちですが、
一時的に預かったお金を世の中に還元する。

そのような考え方を持つから、資金が集まる。
そんな気がしました。

FullSizeRender (8).jpg

希望は心の太陽

| コメント(0)
2_13シベリアからの帰還.jpg
ソ連全土で60万人以上の日本抑留者のうち、9万人が死亡したと言われる中で、
列車事故と転落事故の犠牲者2名を除き、殆どの人が生還できたのがタシケント第4収容所

たまたま観ていたテレビの再放送で知った。

イヤイアに、やらさ感でやる作業も目標を持つことで生きがいに変る。

希望を抱くことの力、志事(仕事)の力。

「我々はソ連に評価されたいがために必死にやっているわけじゃない。
世界一の劇場を完成させることで、
戦争で失ってしまった我々日本人の誇りを取り戻したのだ。 」 

リーダーとなった永田行夫さんの考え方、行動、言葉の力

詳細は、こちらにあります。
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/170420_2.html


また、対立する相手(ソ連側)と同じ目標を持つことで
信頼し尊重しあえる関係にもなるのだと感じました。

デモ行進してる人に観て欲しい番組でした。
1982年、ヴェネチア国際映画祭50周年記念祭りにおいて「グランプリ・オブ・グランプリ」に選ばれた黒澤明監督の「羅生門」
海外では極めて高く評価される映画

1951年、ヴェネチア国際映画祭へ「羅生門」の出品を目指したジュリアーノ女史は、製作会社の大映に打診。
ところが、大映はこのオファーを断った。
なぜならば、当時の大映の社長は興行成績が悪かった上に、理解が出来なかった。
「ワケがわからん!」と担当のディレクターやプロデューサーを左遷するほど社内での取り扱いがタブーとされた作品だったから。
字幕を入れる予算など認められるわけが無い。

なんと、ジュリアーノ女史は自費で字幕を入れるからとの条件で、しぶる大映の許可を得て出品へ

海外の審査委員はその演出の斬新さ、東洋的なプロットに衝撃を受ける。
その年のグランプリを難なく獲得すると、さらに米国のアカデミー賞の最優秀外国語映画賞に選ばれる。
そして30年後の50周年記念では、過去50年の受賞作中での最高峰になってゆく。

黒澤監督曰く
日本人は、何故日本という存在に自信を持たないのだろう。
何故、外国の物は尊重し、日本のものは卑下するのだろう。
悲しい国民性というほかない。

海外で評価されると日本人は、とたんに関心を示しますね。

羅生門.jpg

想いを語る

| コメント(0)
研修会の参加者に親の花屋を手伝う二十歳過ぎの男性がいた。
他の花屋との違いは何か?と質問。
目をキラキラ輝かせながら
「男性が恥ずかしがらずに女性に花を渡す文化を広めたい。
日本の男性は花を持って歩くことすら抵抗感がある。
自分はお客様に花を届ける時には、胸を張ってドヤ顔で歩くんです。
お客様の背景、どのような方に、どのような想いを伝えたいかをヒアリングして
フラワーアレンジすることが好きだ。」と云う。
仕事への情熱と花が大好きであることがストレートに伝わってきた。

思わず、研修会が終わったら店に行くよ!
渡したい人がいるんだ!

人を動かすのは、感情ですね。
特に私は単純なので、、(笑)

IMG_6208.JPG
先日、某JR駅にてコインロッカーを利用しようと思ったら手持ちの100円硬貨が不足していた。
駅窓口で50円玉2枚との両替をお願いしたところ
「どこで使われますか?」
「そこのコインロッカーです。100円玉が一枚足りないのでお願いします。」
「ダメだね」
エッツ!
「向こうのコンビニが管理してるから、そちらで頼んで!」
ウソでしょ。

(30年前の)国鉄のままじゃないですか〜との言葉をグッとこらえる。

さて、今朝聞いた話し。
約束の時間に遅れそうだと慌てて渋谷駅に駆けつけた向田邦子さん
切符を買おうと「シブヤまで一枚下さい。」と切符売場で伝えた。
(当時は自動販売機がありませんでしたからね)

駅員さんが笑顔で返した言葉が素晴らしい!
『ただですよ。』

使う言葉一つで相手を温かくもし、へこませることもある。

相手の事を思いやった言葉を使いたいと思いました。

写真と本文は関係ありませんが、広末涼子さんの出身地でした。

スクリーンショット 2018-03-17 10.59.21.png

うん、どん、こん

| コメント(0)
スクリーンショット 2018-03-17 11.55.48.png
某商店街振興会にて研修会講師を担当
終了後、雑談が面白かったので参加された経営者のお店に訪問。
大阪での修業時代に社長から様々な事を学ばれたようで、
その一つが「うん、どん、こん」だったそうです。

うん:運、何が起きてもこの現象から学ぼうとの考え方。
どん:鈍、深刻に考えすぎない。鈍感も大切。
こん:根、コツコツが大切

「運」をとても大切にしたのが、松下幸之助
入社試験では「あなたは運がいい人ですか?」と問い、
悪いと答えた人は不採用とした。

なんといっても、足を滑らせて川に落ちた這い上がった後に
「俺はなんと運が良いのだ。これが海だったら死んでいた。」
この失敗から、二度と落ちないように注意できるから自分は運がいい。

つまり、
悪い事が起きないのが運のよい人ではなく、モノゴトの捉え方が前向きな人が運が良い。

その他にも、大阪時代の話しを1時間余り語ってもらえました。
黒柳徹子さんの実話を描いたNHK「トットてれび」で向田邦子役を演じたミムラ
役作りのために、向田さんの直筆の原稿用紙300枚を用意してもらい、同じように万年筆を使って模写したという。
早書きで有名だった向田さんに真似て書く中で、時にはゆっくりと書いたと思われる箇所があった。
その模写を繰り返すうちに、なにかしら乗り移ってきた感覚を持ったという。

守破離の「守」
何の疑いも無く、素直に真似ることが大切なのでしょうね。
一番難しいかもしれない。
20180303.jpg
NHK番組「どうすんだよニッポン、AIに聞いてみた。」
より、膨大なデータを分析してなんらかの傾向、因果関係に着目する企画

AI:ヒロシが見つけ出した法則:
・「結婚祝い、出産祝いをするひとは幸せ」
 人にモノを贈るとの行為が、自分の幸福や自信につながる。

・「仕事に忙しい人は、道の駅へゆけ」
 こちらの方は、忙しい中でも心にゆとりがあるから「駅の道」へゆける。
 のかも、しれないです。

・「仕事の効率を上げたければ、一日11時間54分以上働け!」
 仕事に没頭して集中することが成果を高める。

実験として社内メールの文字数を減らす取り組みを2週間続けたら、没頭度がアップした。

一位の法則

| コメント(0)
No.1理論を知り尽くし、モーターに絞って世界一企業を創り上げた
永守重信会長だけに説得力がある。
一位でないと記憶に残らない、口コミにならない、市場の中で有利に立てない。
永守節が炸裂
「死に物狂いの努力家は天才に勝る。高木菜那選手は立証してくれた。」
「ワシは一日16時間労働、元日以外フル稼働や」

-----
3月に入り今日から就職戦線が始まったようですが、
志望する企業に関する学生側のインタビューを聞いて愕然!
・ワークワイフバランスがとられている企業
・福利厚生がしっかりしている企業

そんなことよりも、あなたは何でナンバーになることを目指すのですか?
と、心の中で突っ込みました。

20180301.jpg

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja