役を演じる

| コメント(0)
越路吹雪の一代記を描いた「越路吹雪物語」がTV放送されている。
たまたま観たシーンで驚いたエピソード

多くの観客が待つ舞台に立つのが怖くて怖くて仕方なかった。
(タバコと酒の量が多かったのも、この恐怖が原因だったと思われる)
「お客に喰われてしまう気がする。」
マネージャーの岩谷時子(作詞家としても有名)が発した言葉が、
「あなたは虎よ、お客様はネコ。虎はネコに喰われないから安心しなさい。
喰うのはあなたの方よ!」

勇気をもたせて恐怖心を乗り越えさせ、戦闘モードで舞台に立たせた。
驚いたのは、その日以降も暗示のようにその言葉をかけ続けたとの話だった。

あれだけの大物でも、普通の人間と同じ感情を持つのだと感じたのと、
人間はそもそも弱いから
それを克服する術、習慣を備えていることが大切なのだと思いました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年2月27日 13:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「賢い戦略で急成長「エコ配」」です。

次のブログ記事は「人手不足対応事例100」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja