手段が役立つのは人に使われるとき

| コメント(0)
明治維新の英傑といわれた藤田東湖が剣術に励んでいる姿をみた父が言った言葉
「牛馬は力があるも、ついに人に飼われて人役となる。汝はその人役を目指すのか?」
(戦術力があるばかりに道具になってしまう。お前はそんな立場を目指すのか?)
東湖は悔悟したそうです。

「菜根譚」によると
手練手管は知らないほうが高潔である。
だが、知っていながら使わない者が最も高潔である。

リーダーは手段にこだわらずシンプルに考えましょう。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年2月17日 00:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どっちでもいいから迷う」です。

次のブログ記事は「北方謙三氏講演会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja