習慣化

| コメント(0)
最近「習慣づけ」をテーマに自らの実践で試しながら研究しているが、意識していると不思議と情報が入ってくる。
宿泊したホテルで手に取った毎日新聞記事からの抜粋と感想を交えて記します。

子どもに手帳を与えて、①Todoを書かせる。②終わったら赤で消す。③消した分だけポイント清算する。
溜めたポイントは、1ポイント=1円の小遣いに交換する。
手帳に残すことで、成果が目に見えるようになり、自ら計画を立てて実行するようになったという。
(手帳を活用するまでは、部屋のホワイトボードにやることを書いていたそうですが、この記録に残しておいて振り返りが出来ることが大切ですね。成功体験を繰り返し感じられる仕組みが大切だと、自分も思います。)

報酬という「外発的動機付け」を疑問視する意見もありますが、導入ステップとしては有効だと思います。決めたことがやれた感が自己肯定感をもたらし、また他人からのホメ言葉が自己承認となり内発的動機につながってゆく。
今時の若者はゲームで育った世代なので、ポイントを活用するのは戦略的かと思います。

本の著者:石田勝紀さんによると、やるべきことが進んでいないからとの理由でポイントをマイナスにするのはいけない。
私もチェックリストを運用する支援先に対して、出来ていない場合に「×」を書くのは止めさせて「-」とか、「/」と記すように助言しています。

マイナスイメージをもたらす行為は避けるのが賢い運営。

また、ポイントゲットの回数が大切なので大きな課題よりも小さめな課題としておき、やれた感を積み重ねさせることが習慣化、そして成長への重要ポイントですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年2月 6日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「志の高さ」です。

次のブログ記事は「しゃべらん漫才」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja