日本人の真面目さリスク

| コメント(0)
緊急地震速報で実際を大きく上回る震度で緊急速報が出たことが問題視(?)され、改善を検討するとのこと。
直接の原因は、富山西部の3秒後に茨城県沖を震源とする地震が発生したこと。
短時間で発生した揺れをシステムが一つの地震と判断したことによるらしい。

数秒違いで国内の複数個所で、ほぼ同時に発生した地震は私の人生経験では初。
今後もあるのだろうが、確率からして前提条件としてよいのかな~と考えてします。

システムが全く作動しなかったのならともかく、しかも大き目の判定だったわけで
有能な人の時間とコストを掛けてまで追求する課題では無いように思いました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年1月 6日 10:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青山学院大学:原晋監督の関わり方【メモ】」です。

次のブログ記事は「『SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略』名越康文 (著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja