「正」の漢字

| コメント(0)

2018年、明けましておめでとうございます。

お正月の「正」の漢字。
「一(いち)」と「止(とめる)」から成り立っていると学びました。一度立ち止まって考えることで「正しい」選択ができる。

今日の箱根駅伝(往路)では、青山学院大学5区走者:竹石尚人選手が足の痙攣と思われるアクシデントに対して、一度走るのを止め(事故にならないように伴走車を手で制して)両足の親指を反らして足の状態を整えていた。
完全に走りを止めるとの勇気ある行動にびっくりしたが、結果として先頭の東洋大学との差を1分半近く詰める走りとなりました。

私は数え(かぞえ)で還暦の歳となり、人生の折り返し地点に差し掛かる今年は、経験したことを何らかの形としたく幾つかのプロジェクトを起動させるつもりです。
その為には、いくつかのことを止める心積もりをしていただけに、勇気付けられる竹石選手の判断でした。

大晦日に我が母校(芝浦工業大学)からも学連選抜のスタートランナーとして矢沢健太選手が突然出場が決まったのも、今年の運勢(タイミング)の良さを感じます。

主体的に一度やめてみることと、新たなチャレンジによって大凧のように力強く、舞い上がりたいものです。

ともあれ、本年もよろしく御願い申し上げます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2018年1月 2日 23:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「異業種の視点が気づきをもたらすかも知れないのでメモ!」です。

次のブログ記事は「青山学院大学:原晋監督の関わり方【メモ】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja