ケガの功名

| コメント(0)
錦織圭選手が右手首を怪我して休戦中。
多くの医師が手術を勧める中で、メスを入れることなく他の部分を鍛えることを提案した医師がいた。
その考え方を信じ、5,6年先を見据えてトレーニングを重ねる姿をTVで観た。

同じくケガをして戦線離脱した経験を持つ大リーガーの松井秀樹選手の言葉
「ケガをする前の自分自身よりも、良い選手になって戻ってくる。」
悔やんでも仕方が無い、故障した現実を受け入れるしかない。
失敗を受け入れる心構え。
次に備えてアクシデントの準備しておく。
反省と準備を繰り返す。

仮に手術で治したとしても、怪我に至った根本原因が改善しない限り、再発するリスクが高いですね。
ケガの功名とは、良く云ったもので体や腕の使い方を改革するきっかけをケガによって
気づかせたのかもしれないですね。

年齢的にも若くなくなってきた錦織圭選手の復活を祈念します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2017年12月30日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「20秒ルール」です。

次のブログ記事は「訊いてくれればいいのに、、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja