2017年11月アーカイブ

平常心

| コメント(0)
横綱日馬富士が引退。
過剰な暴力を働いた日馬富士が責められても仕方ないと感じつつも、そもそもの原因を作ったと思われる貴の岩関が、全く表に出てこないのはどうなんでしょう?

また、貴の岩の日頃の態度を作っているのは、親方では無いのだろうか。
(地方巡業の金沢場所で写真撮影を御願いした知人によると、態度の悪さに閉口したそうです。)
貴乃花親方自らが、「道」を外れて歩いているような。

平常心を持てなかった日馬富士には、横綱の資格が無いとのことなのでしょうね。
もしかしたら、トラップに掛けられたのでは無いかとも思ったりします。
スクリーンショット 2017-11-29 16.55.24.png
長らくプラモデルも造らなければ、工作する機会すら持ててなかった。
「つくるカフェ」でペーパークラフトづくり。
小松基地に近いだけにF15に挑戦。
製作中、戦闘機の生爆音が響くとの贅沢な空間
手ぶらで行っても良いですし、造りたいものを持って行ってもOK
ドリンク付きで丁寧に製作のコツを伝授してもらえます。
約1時間、モノづくりに集中できました。

童心にかえって夢中になりたい方、お勧めです。
スクリーンショット 2017-11-29 15.43.07.png
4回シリーズの3回目を見学

採算がとれるまで16年は掛かるであろうワイナリー「ヴァン・ド・ラ・ボッチ」を造りはじめている本多夫妻。

女性2人でケータリング、各種イベント出店から始めて店舗を持つに至ったniginigi(ニギニギ)
貯金もない、借金による投資をしないなかでお客を着実に増やしてきたユニット。

手持ちの資源で出来る事から始めた事業と、障害を持つ子供が関われるように長期計画で着々と構築しようとしている事業。

対照的で興味使い話しを聞けました。
共通して感じたのは、一度しかない人生を自分らしく生きようとされている点かと思いました。
面白い時代になったものだと年寄り視点で感じます。

スクリーンショット 2017-11-29 15.17.42.png
約10年前に父親のユニフォーム屋さんを引き継いだ時、
福井県同業者10社中、8〜9位で社員3名の会社からのスタート。
今年7月、東証マザーズ上場を果たしたユニフォームネクスト:横井康孝社長

願望熱意、ハードワーク、素直さの大切さ。
「宣言すること」で後に引けない、実行せざるを得ない状況を作り自分を追い込む事。 

環境が厳しい中で苦労するプロセスを経たほうが鍛えられる。
一生懸命やったから失敗しても良いという人もいるが、結果にこだわらなければダメ。
やることに満足しない。徹底的に結果にこだわる。

ランチェスターで絞込みの大切さと、市場の選び方を学んだ。
圧倒的1位がいて、小さなシェアを取り合う2位以下が拮抗している市場であれば、雑魚相手なので勝てると思い込んでいたが大きな間違いだった。
一位になることが重要であって、これと云った1位の居ない市場を選択するのが正しい。
遠回りだったが競争が激しい中、成果を出してゆくことで力がついた。

来月は横井社長の師匠でもあるゲンキーの藤永社長になります。

八卦良い

| コメント(0)
大相撲は横綱白鳳のV.40で今年を終えましたが、日馬富士問題はこれからですね。
今日知った小ネタ。
行司が発する「はっけよい」の意味とは、易でいう「八卦が良い」から、思う存分勝負しなさい。
との意味らしい。
縁起のよい言葉だったのですね。
スクリーンショット 2017-11-29 11.59.09.png
キッチンに置くオープンレンジから音楽が流れる。
豊かな時間を過ごせそうです。

スクリーンショット 2017-11-25 0.45.53.png
一日に2億円の利益を東芝にもたらしたフラッシュメモリ

いまだに稼ぎ続けていると思いますが、東芝社内では評価されずに退職された。

独創的なアイディアを具現化するには時間がかかる。その期間、社内の圧力を撥ね退けて方向性は正しいのだからと守った上司の武石研究所所長。

舛岡さんのアイディアを具現化するために尽力した技術者も個性あふれる集団。

舛岡さんは方針を示して、部下を自由に泳がせる(メンバーを主役にさせる)黒子のようなリーダー
表面上を見ると、何やってんだろうと感じさせる振る舞いだった。
(社内で悪く評価する人が多かったのもうなづけます。)


独創的なアイディアの根本思想は、性能を悪くすることで集積度を高める。

アイディア例
・データの保存場所を家に例えると、
個々の家の住所を示す看板をとっぱらって看板設置で使っていた土地の有効利用を図った。
番地を使わずに町会単位で処理する。
何らかの書き換えが必要になれば、町会全体を他の場所に移転させて書き換える。
元のエリアはバッサリ消去し空き地にする。

・平屋の一軒屋を二階建てにする。

・一軒家方式から出入口が一つの長屋方式へ
隣の部屋を通り越して自分の部屋に行くイメージ。
行き来するには時間が掛かるが省スペースを実現する。
改良版では、一つの部屋内に衝立をおいて集積度を高めた。
たとえスピードが遅くなっても大容量化、低コストを追求した。

・スピードを上げるために、入り口の間口を広げる。
多くの人が同時に出入りできるので処理スピードが高まった。
但し、実現するには基盤に高電圧を掛ける必要がある。
基盤側への電圧を高めるとは、非常識な発想だった。

社内では隠れて開発していたフラッシュメモリープロジェクト
イノベーションを起すには、こっそりが必要ですね。

ブラックフライデー

| コメント(0)
はあ?

割引やら、ポイントやら、お得感に惑わされないように気をつけよう。
何も買わなければ、100%値引きです。

スクリーンショット 2017-11-23 0.23.31.png

『始末』
無駄な出費をせず、使うべきときに生き金を使うこと。

『才覚』
どこに商いの勝機があるか見極め、誰もやってないことをやること。

『算用』
金勘定ではなくて、損して得とること。
スクリーンショット 2017-11-21 22.54.49.png
横綱、稀勢の里が休場

怪我が治り切っていないだろうから、ゆっくり休んで万全の体制になってから復帰してもらいたいです。

ファン心理としては、全く横綱の姿を見れないのは寂しいので、横綱土俵入りだけでもやってくれれば良いと思います。

しきたりがあって難しいのでしょうか?
ファンあっての大相撲、このあたりも大相撲改革に期待します。

スクリーンショット 2017-11-20 23.40.32.png
撮られてしもた〜。

米林さんの時は、TVニュースに映ってしもた〜(笑)

荒俣宏氏、講演会

| コメント(0)
スクリーンショット 2017-11-19 23.04.50.png
野々市市の図書館「学びの杜ののいちカレード」の開館記念講演(第2回)に参加
1回目も抽選で参加権を得たが、今回もクジ運よく参加できました。
市長が本日参加された方は、年末ジャンボ宝くじを買うのがよいとのスピーチ。

荒俣さんは自身のルーツを探った際、先祖が高岡市出身であることを知ったらしい。
そのようなこともあって加賀藩、前田家のことから話し始められました。
石川県立図書館や東京都立日比谷図書館の館長を歴任し、日本の図書館運動に大きな影響を与えた中田邦造(なかた くにぞう)氏

戦時中、戦災で日比谷図書館の蔵書が焼失しないように、約40万冊の蔵書を疎開させたプロジェクトリーダー。
なぜ、中田邦造氏がリーダーに任命されたのか?
石川県下で30ヶ所の青少年文庫設立の実績が買われたとの事。

(以下、wikipediaより抜粋引用)
石川県に赴任中、読書を通じた自己教育の第一歩として農村や工場で働かざるを得ない青少年を対象に市町村の図書館と協力して「読書学級」の組織化を図った。石川郡を中心とした6ヶ所計120名で「読書学級」が開始。
1934年9月には羽咋郡高浜町の町立図書館に最初の青少年文庫が設置され、以後県内各地の市町村の図書館に青少年文庫の設置が開始された。中田の活動の結果、2千人の若者が「読書学級」・青少年文庫に参加するようになった。
(ここまで)

ところが、この中田邦造氏、実直すぎて周りからの評判がよろしくない。スタッフに対してテストを定期的に実施したりした嫌われ者。結果的に組織を辞めざるを得ない状況に陥った。
歴史に名前が残ってもよさそうな方なのに、図書館関係者からは、存在しなかった人のように扱われたそうです。
怖いですね~。
本当の歴史は記録されないでゆくのですかね。

まあ、こんな風に面白い話を次々と披露してもらえました。

荒俣さんからのメッセージは「目的無く本を読みなさい。」
様々なことに接してみなさいと理解しました。
スクリーンショット 2017-11-18 14.06.03.png
2000曲以上のヒット曲を手がけた作詞人生47年の松本隆氏の言葉メモ

子供の頃、父親の本や詩を読み込んでいた。
そして、ビートルズの時代になって、「はっぴいえんど」に

作詞は多くの語彙(ボキャブラリー)の蓄えがあるから、作詞できる。
作詞家を目指すならば、大量の本を読むこと。

東京出身なので東京の意識した唄だけを書いていたところ、オシャレすぎて地方出身者に受けないとディレクター白川さんに言われた。
田舎育ちで都会に出てきた人の心情を書いたのが「木綿のハンカチーフ」
木綿はコットンに置き換わって死語だった。
ありふれたものにスポットを当てるのが好き。

春色の汽車:無いけど、云われてみればあるような色。
ありそうで無かったものが、ヒットの秘訣。
ルビーの指輪まで、宝石を題材にした唄は無かった。

簡単な言葉で、やさしい表現をする。
一行づつ簡単な言葉を並べてゆく。上手にずらしてゆく。
行と行の間に捻りを加えてゆく。行の比喩。
わかりやすい言葉を挿入する。

場所を決めてから歌詞を考えてゆく。(リベエラ、バルコニー等)
「風の街」が気に入っている。

シンガーソングライター時代だから作詞家は難しいと思っていたが、冷静に考えるといい詞を書けてのは10人程度。これからは、分業されないとレベルの高い歌を作れなくなってゆく。作詞家の道はある。
ティーンエイジャーに向けて書いているが、ボリュームゾーンでお金を持っているシニア層向けに唄を作らないと売れない。
スクリーンショット 2017-11-19 23.29.25.png






























金沢駅西口のランドマークになりつつあります。^o^
完成したら、我が家のTVが今以上キレイに映るのだろうか?
そんな訳ないよね。(笑)
スクリーンショット 2017-11-19 23.25.26.png



































11/1.野々市にオープンした「学びの杜ののいちカレード」
野々市市出身の米林宏昌氏の開館記念講演を聞けました。
定員100名のところ、かなりの応募があったようでしてクジ運健在です。^o^
タイトル「アニメーション映画の作り方」でスタジオジブリ時代の話も織り交ぜながら制作プロセスを説明してもらえました。
進行の方から時間オーバーを指摘された時には、「えっつ、まだ半分しか話せていない(焦)」との返し。^^;
それほど丁寧な説明でした。
ジブリを離れてスタジオポノックでの初作品は「メモリと魔女の花」
この題材を選んだのは、魔法を使わずにどんなに時間がかかろうとも自分の手で扉を開けなければいけない、このことを伝えたかった。
そして自分達の会社もそうしたいから。
とのコメント
事業経営で簡単に短期間で儲ける魔法のような話は無いんですよ!
このように受け止めました。ですよね。^^;
他にも多くの印象深い話がありましたが、もう一点肝に銘じたいと思ったのは「子供はしっかり観る力があるから、手を抜かない。」
子供だからこの程度で良いだろう、では無くて、子供の方が本物を見抜く力がある。このように理解しました。
確かに。
子供や若い人の方が、ごまかしが効かない。
なぜか二日続けて、漫画とアニメに関わるプロフェッショナルと会え刺激と気づきを貰えました。
ちなみに私には絵心は御座いません。^^;(笑)

スクリーンショット 2017-11-19 23.31.54.png



































漫画を描いてゆくプロセスを見せてもらえるとっておきの時間もありました。デジタルを避けていたが、今はiPadProを使って100%デジタル機器で描いているそうです。
マンガ大賞を受賞した『かくかくしかじか』は、金沢美術工芸大学時代の4年間の実体験を描いた作品。
終盤の質問タイムでは問いかけだけでなく、お土産を持ってきたので後で受け取って欲しいとメッセージされる方が多かった。
東京からわざわざ、このトークショーを目当てに参加された方もおられまいた。コアなファンが多かったです。
おっさんは私を含め数名。^^;
金沢問屋町センター50周年のイベントでした。センターを設立した50年前はモータリゼーションが到来することを見越した行動(移転)をとった問屋町の企業群だけに革新的なイベント。
東村さんは金沢には縁もあり、金沢あっての今の自分なので、恩返ししたいとの締めくくりでした。

大学が多い金沢だけに全国、世界で活躍している応援団の存在は嬉しいですね。^o^/

shio300.JPG
10年目に突入です。

ごひいきにして頂いておりますお客様のお陰様です。

この9年で、

・朝6時からの「ウィンクル☆戦略早朝塾」:370回

・ウィンクル☆戦略塾:201回(金沢塾以外に中能登塾:14回)

・サポートからスタートして共同開催になったランチェスター法則の勉強会(北陸No.1実践交流会に改名):106回


感謝申し上げます。

このアーカイブについて

このページには、2017年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja