そもそも必要なのか?

| コメント(0)
大川.png

高知県大川村では、村議員へのなり手がおらず村議会が無くなるらしい。

昨今の政治家(特に国会野党)を見ていても、国のリーダーの足を引っ張ることが仕事になっており、いらんな~と感じていただけに、トップはともかく議員が居なかったらどうなるのか?
と考える良い機会かも知れません。
昔と比べ情報化が進み、代議士は手段の一つでしかないので、議員ありきでなくて良さそうです。

住みよい社会にするには、目先のことや多数決に流されず、
いろんな手段の選択肢があるでしょうし、決定プロセスを実験してみるのも面白そうです。

同じように豊洲市場問題。
東京都民のすべての食料が市場を経由している訳も無い。
もし、市場が無ければ、誰が困るのでしょうか?

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2017年5月29日 20:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「勝負師と冒険家―常識にとらわれない」白石 康次郎、羽生 善治(著)」です。

次のブログ記事は「「10代のための人間学」森 信三(著)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja