2017年2月アーカイブ

JR九州の社長を務められた唐池恒二氏の著書
気になった箇所を抜粋しました。

多くの経営者は、「展望」「ビジョン」などと言ったりするが、大切なのは「夢みる力」。
トップが夢を描いて、夢を抱いて、夢に向って突き進むと「気」というエネルギーが、企業の中で泉のように湧いてくる。
組織の長たる者が元気に夢をみなければ、企業も人も、そして地域や街も成長してゆかない。

■「気」を呼び込む四つの法則
1.迅速できびきびした動き
2.明るく元気な声
3.スキを見せない緊張感
4.つねに成長しよう、向上しようとするどん欲さ

「夢みる力」を支える三つの行動哲学
1.誠実
・嘘、偽りやごまかしがなく、思いやりのある行動
・手抜きしない、手間を掛ける。
 誠実さを高めるのが、掃除と挨拶
 手間の掛け方、エネルギーのかけ方が劣っていた有名シェフを外して退職させた。
 子供は親を見定めているように、部下もトップを見ている。
 (泥棒人生を歩んだ男。きっかけは子供頃に、万引きを見て見ぬ振りをした母親。
盗んで良いんだとの認識になってしまった。)
2.成長と進化
3.地域を元気に

サービスで大事なのは、お客様と接したときに笑顔が出ることよりも、お客様が近づく前に楽しそうな顔つきをしていること。

Keep out of Leader's way

| コメント(0)
F4.png
日本の空の防衛を護って頂いていた元自衛隊パイロットと話す機会がありました。

精密機械のような性格が求められる感じもしていましたが、スクランブルにも対応できるパイロットとしてもとめられるのは、
・「まあ、いいや」と受け流せる性格
・簡潔明瞭性
・バランス感覚
・謙虚さ
・ベストよりベターを選択する判断
(ベストは後に状況が整理されて初めて分る)

その他にも色々と教えて頂きましたが、編隊を組むときの考え方
・Stay with Leader  (リーダーに続け)
・Keep out of Leader's way (リーダーの邪魔をするな!)

最近の民進党、リーダーの邪魔をしてませんか?
どうでも良いことで日本が前進するのを妨害せんといて下さい。
と、思う今日この頃です。^^;
輪島出身のスイマー山中毅さんが、10日に逝去されました。
ご冥福をお祈りいたします。

子供の頃、夏休みを利用して輪島の親戚宅に数日間滞在したことがあります。
日本海に面した学校にプールがあり、親戚の計らいで山中選手のにおんぶされるような格好で泳いだというか、ぶら下がっていた記憶があります。

その山中毅選手
オリンピックをはじめ数々の大会で成績を出すも金メダルには一歩及ばずの人生でした。

フジヤマのトビウオこと古橋廣之進選手は有名ですが、地元以外で山中毅氏を記憶されている人は少ないと推測されます。
マスコミに取り上げられる機会も少ないですしね、、、

2位以下は記憶されない。
改めて感じました。

めげるな、JAXA!

| コメント(0)
20170206.png
2016年12月に打ち上げられた日本の宇宙輸送船「こうのとり6号」
本来のミッションである国際宇宙ステーションに物資を届けた後、宇宙ごみを取り除く実験を行なった。
しかしながら、第一ステップとなる電線を伸ばせず、実験は失敗に終わり、
「こうのとり」は6日未明、大気圏に突入して燃え尽きた。

宇宙ゴミとは、耐用年数を超えた人工衛星や打上ロケットの部品や破片など、いずれも人間が作り出したもの。数百万個のおよぶゴミが秒速8kmで地球上を回っているらしい。

海中に漂う地雷撤去は、日本が一番技術力を持つらしく、宇宙ゴミの撤去に関しても日本人の役割が大きいに違いない。
清める行為、掃除が日本人感覚では当たり前なのかも知れませんね。

顔真流

| コメント(0)

20170204.png
書道家の松井良憲先生
今振り返れば10数年前に出会った時が「顔真流」を立ち上げた頃だったのですね。
中国唐時代の書家、顔真卿の剛直な書風に憧れたことがきっかけとの事。

自分でひとつの流派を築きあげるとは、そんなこと考えたこともありませんでした。
企業で云えば、市場創出ですね。


顔真流師範、松井良憲先生
東久邇宮文化褒賞受賞、おめでとうございます。

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja