2016年11月アーカイブ

スクリーンショット 2016-12-01 12.19.51.png
最近、研究中の世界に認められる小さなモノづくり企業
「コミー」http://www.komy.jp

戦略的には、ずばり「弱者の戦略」

内部体勢の作り方が、素晴らしい。


小宮山社長の根底には、大手企業で勤めた新入社員時代にバカ呼ばわりした時の悔しさ、そして疑問があると思われます。

人それぞれに違いがある。

問題を発見するのが得意な人。その人が問題解決能力を備えている訳ではない。
逆に、記憶力があり、能力解決力がある人が、些細なことを気づくかと言えばそうでもない。
(その都度、切り抜けられるので問題と思わない。)

このあたりを区別する考え方が、単純なようで大事。
まずは困ったこと、疑問に思った事をどしどし表に出す。

そして、誰が何に困っているかを全員が知っており、皆で解決策を考える。
強い組織になるわけですね。

遠藤、大金星!

| コメント(0)
遠藤.png
石川県穴水町出身の遠藤が、白鳳を破る大金星!

偶々、実家でその瞬間を観ることができましたが、90歳になる父も、歓声を上げていたくらいですから石川県内の随所で大きなどよめきがあったと思われます。
無心で臨んだ風に見え、その集中力が凄かった。

おめでとう。

先場所に続き、今場所も3大関を撃破し好調です。
ここ数年は、黒星が先行して勝ち越しで終わることが目標になっていた気がします。
怪我で苦しんだ時期を乗り越えた今場所、そして来年がとても楽しみです。

歴史に残るであろう大横綱「白鳳」をからの金星も永遠に勲章になりそうですね。

永谷園の広告塔に復活したのも嬉しい!

スクリーンショット 2016-11-05 16.33.16.png
秀吉が築いた難攻不落、最強の砦「大阪城」が却ってアダになったようです。

籠城せず、打って出ることを決断した秀頼

母(淀姫)の一言で、籠城案へ逆戻り。
エッエ〜、Oh my...

歴史が変わっていたかもしれないですね。


もっとも、この時点で仮に家康が破れていたら戦乱時代に逆行していた可能性もあり、平民には良かったのかもしれません。

中小企業に例えると、チャレンジしたい後継者に対して過去の成功体験に縛られる先代や先代を取り巻いていた幹部がブレーキをかけるようなもの。

このような例は結構多い。
旧体制の幹部は現状維持、安定のままで引退したい。
30年先を考えてサポート出来る人は稀ですね。

「真田丸」に学ぶ

| コメント(0)
スクリーンショット 2016-11-05 16.33.06.png
先週のNHK大河ドラマ「真田丸」は面白かった〜。

「籠城策」VS.「打って出る策」

・籠城とは援軍がくるまでの時を稼ぐ手段に過ぎない。

・打って出たら玉砕される、というが正面衝突しようと云ってる訳ではない。
分断して敵の力を削ぐこと。

・そもそも兵糧が尽きては生き抜けない。

定石は敵も知っている、定石通りに考えては戦に勝てない。
裏をかくことに意味がある。

想定を崩すことが大切と学びました。

shio300.JPG
9年目に突入です。

ごひいきにして頂いておりますお客様のお陰様です。

この8年で、

・朝6時からの「ウィンクル☆戦略早朝塾」:320回

・ウィンクル☆戦略塾:173回(金沢塾以外に宝達志水塾を新規に開催:6回)

サポートからスタートして共同開催になった

・ランチェスター法則の勉強会(北陸No.1実践交流会に改名):94回


感謝申し上げます。

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2017年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja