2015年5月アーカイブ

視察ツアー

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-24 22.21.28.png
人の噂も75日と言いますが、北陸新幹線開業フィーバーも一休み、と感じさせる比較的落ち着いた週末でした。
先週は天皇皇后両陛下、今週は高校相撲、2週間後には百万石まつりを控えており、小休止でしょうか。

そのような中、一番人気と伝えられる近江町市場にビジネス客の集団を発見

今後、集客力を増した金沢への視察ツアーも増えるのでしょうね。
人が人を呼び込む現象が起きそうです。
スクリーンショット 2015-05-24 22.25.04.png

ネットとアナログ

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-24 22.35.04.png
インターネット上での飲食店情報「ぐるなび」が、折り込みチラシとなって紙の形で登場。

最初は住まいに近い店に絞った情報誌かと思いましたが、繁華街片町の店もありました。

中途半端感は否めない。
弱者は絶対に採用してはいけない禁じ手

運営会社の売上は伸びますが、小さな飲食店の売上は例え瞬間的に伸びても利益が悪化するでしょう。
小さな店は、同質化を避ける必要がありますね。

外見

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-24 23.00.50.png
気になっていた日本マックのカサノバ社長がきっつい眼鏡を外した。

おっかなない対決姿勢の印象を与えていたので、なんで掛けてんだろ〜と感じてました。

笑える眼鏡に変える手もあったかも?

幹部も進言しやすくなり、次は髪型をかえてイメージチェンジを期待。

経営者は聞く姿勢と話しかけやすい状態をつくることが大切ですね。

ステック型PC

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-24 22.49.45.png





















大きめのUSBメモリーにも見えますが、なんとパソコンです。
モニターは家庭のリビングにある画面を利用して、キーボードがあればパソコン環境となります。
プロジェクターにもつながりそう。

小が大を食ったような、グリコのおまけが主役になったような、
なるほど、この手があったかと、

従来一番容積をとっていた部分が超小型化することで、用途も変わりそうです。
スクリーンショット 2015-05-24 22.42.56.png
牛丼の吉野屋のメニューに「ベジ丼」が登場

「早い、美味い、安い」に対して
「早くない、まあまあ美味しい、普通のお値段」の印象を受けました。

社長が変わって、進化を模索する吉野屋の姿勢を感じました。

学生時代、大変お世話になった吉野家さん。
ささやかですが応援します。^^/

百万石まつり

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-18 23.47.08.png
金沢市役所前には恒例の百万石まつりに向けた提灯が飾られていました。

今年のパレードには、菊川怜さんと内藤剛志さんが登場します。

JRじゃないのね!

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-18 23.24.13.png
高岡駅は在来線上にあるので、JRの切符売り場へ

金沢からの路線図には820円と書かれているのに、JRの操作パネルに820円が見当たらない?

なんと4台の自販機中2台が小松・福井方面の「JR線」用。
残り2台が高岡・富山方面で、「IRいしかわ鉄道」、「あいの風とやま鉄道」の乗り継ぎとなっていた。

しかも、冷静に振返ると高岡までの料金が90円アップしている。

北陸新幹線と無縁の方だったなら、納得しかねる状況かと思われます。
それにしても、何故JR西のままで運行できないのでしょうか?
地方が疲弊する訳ですね。
スクリーンショット 2015-05-16 20.16.27.png
いずれの展示会も、相も変わらず「パッとみて、何を伝えたい」のかが、わかり難い。

25年程前に「eメッセ金沢」に出展経験があります。
Appleコンピュータ上での動画再生と動画内の画像を使ったシステムを生放送中の日本シリーズ(当時は10月開催)を活用して展示した事があります。
(今となれば平凡な技術ですが、)

人だかりが出来て事務局から、卑怯だとクレーム。
「なんでやねん!」「くやしかったら、他のブースも工夫するべきだ」と感じましたが
新参者には冷たい日本の業界団体の構造を感じました。

社会全体に起業が大切、ベンチャーを応援と言いながらも四半世紀前と事情は変わっていない気がします。
スクリーンショット 2015-05-16 20.03.35.png
毎年この時期の週末3日間で行なわれる地元で最大級規模の展示会「MEX金沢」と「eメッセKANAZAWA」

近くで木下サーカスと県立野球場で試合があった影響もありえるが、印象として例年以上に活況でした。
少なくとも過去10年の中で、一番混み合っていた感じがしました。
やはり景気回復に向かっているのでしょうか?


「MEX金沢」は、機械メーカー中心の展示ですが面白かったのは、NC機械の操作パネルが大型iPadの如く、ズームあり、スクロールありの使いやすいインターフェィス。
アナログのメカニカルに先端のデジタル技術を組み込んでいる点

一方、「eメッセ金沢」は、IT業者の展示会
正直面白みに欠けていました。
面白いかったのは、8Kテレビ内の映像。太鼓チームTAOの迫力ある音と動き。
あと、金沢大学の学生が作った「石川トランプ」
ICCの家系図ソフト
アナログを軸にしてデジタルを活用している商品が面白い。

「率」の落とし穴

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-13 11.28.21.png
厚生年金の加入義務があるにも関わらず加入していない事業もある。

新聞記事によると旧社会保険庁職員による休業をみこんだ脱退を促す活動もあった。つまり滞納率改善の為には、滞納者を減らすことによって「率」を上げたいとの動機付けが大きな要因になったとのこと。

役所に限らず民間であれ「率」にこだわると目的から逸脱した方向に進みかねません。

あのイチローですら、打率を意識すると打席に立つのが怖くなるので、ヒット数を積み重ねる事に意識づけしている。

評価基準で率を用いるには注意が必要ですね。
NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で出演していた新井和宏氏

印象に残ったのは相場に振回されないように、自分なりの原則を決めておき、原則に従って行動するとの考え方。
ついつい「情」によって判断が惑わされる事がありますが、「理」をもって予め判断基準、行動指針を決めておく。

物事を短期的局地的に捉えず、大局でみられるといいですね。
スクリーンショット 2015-05-12 0.19.17.png
今日は、歴史的建造物の精密な復元模型を作っている株式会社さんけい(京都市)の取組みより学びました。

文化庁の予算が削減され、経営危機に陥った時、全社員で考えた「自分たちの商品づくり」

職人魂で試作した精密過ぎるミニチュアタンスは40万円
さすがに買える人はいない。

そこで目を付けたのが、紙を素材にした模型。
ジオラマのミニチュアとして人気が出て経営再建を果たす。

経験を積み重ねて得た強みを、他に応用できないだろうか?
議論出来ました。
r
42才となるベンチャー企業経営者の逸話が連休中の新聞記事にあった。
ソニーの創業者、盛田昭夫さんに憧れて高校生の時に、ソニーを動かす男になりたいと手紙で盛田会長に直訴した。
ところが、本人から届いたメッセージは「ソニーは20世紀の会社で、21世紀の会社ではないかもしれない。君は起業しなさい。これからは通信の時代が来る」

当時を推測するに盛田氏は入院中、ソニーは大賀氏から出井社長体制へ移行する時代。
ネット情報であるが、大賀社長は盛田さんより「次の社長は技術者しなさい。」と言われていたが、諸事情により実現出来なかった混乱の時期。

音楽家の大賀氏を選びソフト面を充実させ、次の代ではさらに技術革新を高める。
そのような構想が創業者にはあったのかもしれません。

創業者の意思が通らなくなったこの当時からソニーはSONYでなくなっていたのですね。
スクリーンショット 2015-05-10 19.07.26.png










企業に入り込んだコンサルティングで常に感じるのは「答えは現場にある」との事実
社長やスタッフの悩みを訊くうちに感じる事がありますが、自分の口から言うと押しつけ感が出る可能性がある。
そこで、今の商売を始めたきっかけや経緯、創業時の話しを聞きます。
そして、創業者が創った(他から借りてきた言葉でない)経営理念や社訓、社是を見る。
見当たらない時は、探す。
(以外と荷物の裏に隠れていたりするんです、、これが^_^;)

そこにドンピシャリの答えが書いてあることがほとんどです。

逆に言えば、経営を持続させるには、形はどうあれ創業者の想いを残し継承させてゆく仕組みが大切ですね。

※画像はヤマトホールディングの社訓、本文とは直接関係ありません。

GW明け

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-09 0.52.51.png
NHKの朝ドラ「まれ」効果もあったのかGW中、とっても賑わった「のと里山道」

今日はGWも明けて、いつもの空いている道路に戻り、そして静かな日本海でした。



ヨーロッパに学ぶ

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-05-08 0.14.00.png
何に見えますか?

オランダのチョコレート

それぞれの絵柄が異なっています。

効率化を求める日本も、そろそろヨーロッパの余裕に学ぶ時代に入ってよいのではないかと感じました。

ご馳走さまでした。


スクリーンショット 2015-05-06 15.55.00.png
金沢のお土産を買うのに駅ビル内での店での売り切れを考慮して、近くのデパートへ

北陸新幹線の開業に合わせてお土産に特化した売り場では、求めたい商品が売り切れ。
「しばらく待てば、入荷しますか?」
との問いに対して「入りません!」との残念な回答

その後、デパ地下のその某和菓子屋さんに行くと、充分に在庫が有るではないか!!

結果的にゲットできましたが、なんだか不思議ですね。「下の階にも店があるので、訊いてみましょうか?」との一言があってもよいように感じます。

デパートとの契約や様々な社内事情があるのかもしれませんが、いずれにしろ売り手の都合。

買い手の都合に合わせて連携プレーをしないと、お客はがっかりし、そして販売ロスになりますね。

横綱・白鵬

| コメント(0)
hakuhou 2015-05-06 15.49.12.png
NHKプロフェッショナル仕事の流儀
横綱・白鵬」より

もともと体格に恵まれモンゴル時代からエリートコースに乗って横綱への道を歩んできたと思い込んでいました。
なんと60Kg余りの細い体で、どの相撲部屋からも声がかからずに売れ残りからのスタートだったとのこと。

徹底した健康管理を実行していた。
・酸素吸入器をつけた状態で昼寝を欠かさない。
・専属トレーナーによる体のケア。

気になったフレーズメモ
・体にサポーターを巻くのはお客に対して失礼だと思う。遠方からその日しか来れないお客さんに感謝の気持ちを持ちたい。常識だと思う。(ガーン)
・角界で相撲が一番好きなのは、自分だと思う。
・型を持ち、型にこだわらない
・最大の敵は、自分
 敢えて不調な状態で本場所を迎えることで不安感を持たせて緊張状態を作る。
・人生は、敵と闘うより難しい

※成長途上の人には、あてはまらないのでご注意を。
個人差はあるものの20代〜30才前半であれば「守破離」の「守」の段階なので
型を大事にすべきだし、常に全力投球が良いと思います。

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja