2015年2月アーカイブ

右、左?

| コメント(0)
picto1-029.png
大阪から金沢までが特急で2時間半
東京から金沢までも新幹線で2時間半となる。

東西両方からの観光客が金沢の施設を使うことになる。


おしゃれで雰囲気などから都会から来た人と推察するが、関東なのか関西なのか?
判らない時がある。

そんな時に判断基準となるのが、エスカレーターの乗る位置
左側に寄り右側を空けるのが関東
逆に右側に寄るのが関西

名古屋や地元の人は、追い越されるとの意識が無いのか
堂々と真ん中に立っています。

アート

| コメント(0)
vain.png
金沢駅改札口にもっとも近いJRが運営するホテルのエントランス

いつも間にか、アートっぽい壁面に変わっていました。

北陸新幹線開業に向けて、着々と備えが進んでいます。
駅高架下2.png
北陸新幹線の高架下の商業ゾーンからの出口
東口のフォーラスへの導線となる場所

最終の仕上げ段階のようです。

テロ対策なのか、駅には警察官が常時見張ってくれています。

開業時のイベントが無事に進行するといいですね。

様々な視点

| コメント(0)
niigata.JPG

































金沢起点で考えると北陸新幹線は東京・金沢を結ぶ線であり、関東圏や長野からの利用者に目が向いている。
写真は大阪環状線内で見かけたポスター(横長ポスターを上下に並べてあります)

なるほど、、と思った。
関西からは、金沢を通過点(乗換点)として新潟が近づくのですね。
東海道、東京経由だったルートが北陸経由に変わる。
上越へ行き来する関西圏の人には、金沢駅でも一度降りて愉しんで頂く仕掛けがあると良いですね。
hyakumann.png
明日早朝より県外へ出かけるので金沢駅へ、
某お菓子売り場にて

・お土産として気にいった商品には箱が無く簡易包装
・気が置けない人向けによさげな商品は箱付き
・「組み替えを出来ませんか?」と尋ねても「出来ません。」とのつれない対応。

仕方が無くチョイスして清算。
「ポイントカードはお持ちですか?」の心遣いも無し。

私の服装や濡れた傘、旅行鞄を持っていない点、方言丸出しの言葉から推測すれば、いろんな事が想像できると思うのですが、、、

紙袋のままで渡され「濡れるのでビニール袋ありませんか?」とのリクエストに対して、しゃないな〜的雰囲気でビニール袋でカバーしてもらった。

商品に対する融通が利かなく、お客の立場や購入した後の行動を想像できない接客

大丈夫か〜

最高級の接客が当たり前になっている東京圏から多くの人が押し寄せる。
帰途につく最後の最後でガッカリさせないで下さいね。

北陸新幹線の開業まで、残りほぼ1ヶ月になります。
それまでに気がつき、当たり前レベルを向上させて欲しい。
hari.png
未来の宇宙旅行をテーマとした「StarTreck」

この映画やTV番組の中で出てくる治療法に注射器を使わずに薬を体内に入れるシーンがある。

未来は痛いイタい注射しなくて良いな〜と思っていた。

母校芝浦工大から届いた冊子によると機械工学科の山西陽子准教授が「針なし注射器」の開発に成功したとのこと。

壁掛けテレビ、携帯電話も子供の頃の未来が一つ一つ形になってきました。
未来は明るいです。

購買動機

| コメント(0)
mame.png





















尊敬する本昌康社長のインタビュー記事が地方紙にあり、東京ソラマチの開業時での失敗談が印象的だった。
「金澤萬久」「銀座のジンジャー」ブランド2店舗を出店できたのに、他社のように東京スカイツリーをかたどったお土産を投入できなかった。

さすがの本社長でも読み誤った顧客の心理。
商品力がいくら優れていても、その場でお客が何を判断基準として手に取るのか?
大切な視点と改めて感じます。

3月14日の北陸新幹線開業に向けて地元企業はお土産品の商品開発にラストスパートです。
北陸人は新幹線に対する憧れが強く「車両のW7系」を形どったグッズも多いですが、関東圏や長野県からの観光客にとっては、車両への関心以上に「金澤らしさ」のハズ。

金澤を表すシンボルは一体何?
石川門でも兼六園の琴柱灯籠(ことじとうろう)でも無いような、、、

金沢駅の鼓門?、金沢21世紀美術館(マルビー)?

地元民には見えないモノがありそうです。

社長インタービューから起こした新聞記事であり、事実とは異なる可能性はありますがサントリーの戦略
・設備や開発に1,000億円規模の投資を毎年続ける。
・蒸留酒では世界一を目指してインドやアジアでの販売に力を入れる。
・食品は、世界トップレベルの企業と伍したい。
・人口減少で消費市場が縮む国内は、健康志向の高まりで新たな需要を喚起する。
・ビールはプレミアム化を進める。

あれもこれも、同時にやれるのか?
さすがカリスマ社長らしい発言、ローソン時代と同じですね。
捨てるものは何になるのでしょう。

今後がとても気になる企業になりました。
JT_Share.jpg
JTが清涼飲料市場より撤退とのニュース

市場1位「コカコーラ」に対して100:6程度の販売量

戦略的1位の企業が存在して、1位に比べ10分の1以下の規模だと市場退出となるルールがデッドラインの法則。

戦略的1位の定義は、
①1位であること
②26%以上のシェア
③2位に対して10:6以上の規模であること。
本市場では③の条件が成立していませんが、さすがに2%以下のシェアで生き残るのは厳しい。

いくら企業規模が大きくとも、本市場では弱者の立場
タレントを使った販売促進は、市場における強者の戦略
競合に惑わされずに弱者の戦略を用いれば、ニッチながらの特定市場での生き残りは可能だったと思われます。

(グラフは日本経済新聞社サイトより引用)

ホテル開発

| コメント(0)
スクリーンショット 2015-02-03 18.03.25.png
建設中の金沢駅西口の新しいホテル。

レンタカー屋さんがあった場所ですから、駅から近い。

金沢駅西口は、ホテルとマンションが増え続けています。

飲食店は、まだまだこれからですかね。
地元客向けの気取らない店が増える事、期待してます。

清掃のプロ

| コメント(0)
photo03.jpg
NHKの番組の「プロフェッショナル仕事の流儀」

今日のテーマは「清掃のプロ」でした。

学生時代に窓ガラス清掃のバイトしていた時期もあり、ワイパーの使い方を懐かしく感じつつ、極めた人の考え方や着眼点が勉強になりました。

トイレで手洗いした後の風圧による乾燥機の清掃。
目に付く箇所だけの清掃に留まらず、排水口まで浄める。
なぜならば、雑菌が繁殖して異臭となるから。

目に見えない所まで追求するのがプロフェッショナル!
勉強になりました。

嬉しい事〜(2)

| コメント(0)
FaceBook上の誕生日情報を非公開にした関係もあると思います(そう思いたい。^_^;)が、
「誕生日おめでとう」メッセージが昨年と比べて激減。

そのような中で、大手電気量販店からはメッセージが届いた。

コンピューターが機械的に処理している訳ですが、悪い気はしないものですね。

「無関心」より、ちょっぴりでも「仕組み」を作る事が大切と再認識しました。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja