2014年1月アーカイブ

TOC@Hokuriku(1月)

| コメント(0)
20140122.jpg
なぜ、扇風機の前でしゃべると声が変わるのか?

この現象をネタにロジックツリーを作る演習にチャレンジ。
物理学とは別に、マネジメントの視点で気づきがありました。


「存在」と「そのことの影響」とは異なる。
「存在している=期待したことが発生する」訳では無い。

扇風機の存在と風が吹くコトは別
扇風機が回った結果としての風が、空気の振動に影響を与えている。

ついつい我々は存在だけで、次の動作や行動を勝手に期待してしまう。
職場でこの様な期待は無いでしょうか?
責任者を任命してあるから、チームとして責任ある行動がとられる。

期待する行動を示さない限り自発的には動きづらい。
間違った行動になる可能性もある。

今日の例題で学びました。

京都駅

| コメント(0)
20140112.jpg
京都駅ビルの階段に並べられたLED

近年、プロジェクションマッピングなどデジタル技術を活用した大掛かりなデコレーション手法が出てきています。

外に出る、足を運ぶ事によって体験できる仕組みが今後も求められそうです。

TOCセミナー

| コメント(0)
20140111.jpg
京都で行われたTOC4日セミナー

TOCとは、ゴールドラット博士の制約理論。
トヨタ自動車の大野耐一さんの貴重な映像等、今回も学びが多かった。

大切なのは「フロー(流れ)」
流れを妨げる障害を取り除く事が大切。
得てして流れを止めているのは、上司だったりしますね。

後半2日は、2月になります。
kuromaru.jpg
一昨年より京都で学んでいるホリスティックコミュニケーションの黒丸尊治先生の新刊本

コミュニケーション実践セミナーの内容をかいつまんで理解できる本

会社組織と人間の体は、とても良く似ていると思っています。経営コンサルタントとして、組織の内部に潜む力を引き出させるヒントにしています。

興味ある方はセミナー会場でお会いしましょう。


yoshinoya.png
















学生時代から大変お世話になっている「吉野家」

後発組に押され気味らしいが、利害関係なく私は応援します。


TVCMで気になっていた「牛すき鍋膳」
オーダーすると「お時間掛かりますが、宜しいですか?」OKです。

味はグッドでした。
「早い、美味い、安い」のコンセプトから二つも外れるでは無いかとの議論が社内でやりとりされたのではないかと想像します。
でも、これは有りですね。

時間と財布にゆとりがある人だけが選べれプチセレブ感(?)
オススメです。

fujitsu.png
今朝の読売新聞より

富士通はフランスにおいて、iPhoneなどメジャースマホとは同じ土俵に乗らない。第一ステップとして高齢者が多く住むパリの郊外の90店舗に絞って高齢者に優しい機種を投入。13年10月よりフランス全土の250店舗へ拡大。

操作ボタンを大ききしたり、話し相手の声の速度を自動的に落とし聞き取りやすくする、高齢になると聞こえにくくなる高音域を聞こえやすく調整できる機能が好評らしい。


京セラは米国市場に対して、対衝撃性や防水機能を強化して騒音が大きい建設現場などで多く利用されているらしい。

まさに、ニッチ市場を狙ったランチェスター法則にそった闘い方。

国内で同様の展開ができないのは、小さな市場を狙うのは「カッコ悪い」と役員会で反対されるからでしょうか?

まあ、その方が中小企業の出番があって嬉しい。

進化を感じる店

| コメント(0)
kanazawa_cafe_img09.jpg
ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

石川県立美術館にある辻口博啓さんの喫茶店。
味はもちろんですが、接客や気配りにさすがだな、と感じました。
例えば、着席後の最初に出された氷の入った水。
ガラスのコップでなくて陶磁器でした。

なんと、口をつける飲み口が温かいのです。
寒い外にいただけに嬉しいサービスでした。

常識にとらわれず、どうしたらお客様に喜んで頂けるかを考え続けれている店の姿勢を感じました。

さらにびっくりしたのが、帰り際に一人のスタッフから呼び止められた事。なんと支援先企業の昨年結婚された方でした。
「今はこちらでお世話になっております。結婚式ではありがとうございました。」とのこと。
職場結婚の関係もあって転職されたのでしょう。
前の企業同様に良い職場で働け幸せそうでした。わたしも嬉しかったです。

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja