パスワードについて考えた。

| コメント(0)

20120402.JPG某公共機関でインターネット端末を借りようと思った。
多くの人に平等に使えるように利用時間が決まっており、発行されたパスワードを入力して使用可能になる。

紙にプリントされた8文字パスワードの中の(l)文字が、数字なのか英字のアイなんか?
どっちを入れても弾かれる。

ギブアップして、係員に聞くと『エルですね』

パソコンが出始める前の電算機時代からキーボードを使っているのに恥ずかしい~
気がつかなかった。

一般人や年配の人は、わかるのだろうか?
このシステムを設計した人は、慣れているので悩むことは無いのでしょう。

『利用者に不便を掛けさせない』→『職員の仕事を増やさない』

ゼロ、オー(0)、アイ、イチ、エル(l)は、紛らわしいのでパスワード文字には使わないで欲しい。

県内の行政サービスには、大満足してますので非難ではありませんよ~。

もっとも都会と違って端末の順番待ちが発生する事はまず無いので、パスワードシステムそのものはムダかもしれない。

コメントする

このブログ記事について

このページは、wincleが2012年4月 2日 21:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『八甲田山死の彷徨』新田次郎(著)」です。

次のブログ記事は「梅は一番早く咲き、希望を与える。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja