2012年3月アーカイブ

20120331.JPG武生ライオンズクラブ主催、櫻井よしこさんの講演会に参加

最前列でお聴きする事ができ、眼と眼があって質問されちゃいました。(^O^)/

基軸を持ち、実行して誤りがあれば修正する。
間違いを修正する事とブレる事とは異なる。

問題が出るたびにモグラ叩きのように対処せず、根本の問題を解決する。

根本問題を正すには、
ちゃんとした人間、立派な日本人であること。
ちゃんとした国であること。

基本は自立すること。

出だしはこんな感じ。

・TPPには自信をもって交渉にのぞめ。(ブルネイやフィリピンなどの小国も立派に自国の主張を言っている。)

・日本で最初に設置した福島原発は、ハリケーン対策を重視したアメリカ型で日本の事情に適合してなかった。東北電力が現地事情と過去の記録を丁寧に調査してから施工した女川原発は、震源地に最も近かったにも関わらず被害はなかった。(安全性を知る地域の住民が避難場所として原発施設に逃げ込んできたほど。)日本は原発を止めるべきでは無い。最高水準の技術を輸出すべき。

等など、てんこ盛りのお話でした。

一番印象に残ったのは中国の怖さ。

北朝鮮へ100万トンのコメを贈った見返りに、羅津港の租借権と港までの60kmに及ぶ幹線道路建設を許した。その結果、中国は日本海へのアクセスが自由になり、津軽海峡を抜け太平洋まで出る事が可能。(他にもあるが、今日このくらいで、、)

 

演壇に上がる前、降りた後に日の丸に向かってきっちり一礼する櫻井さんでした。

20120330.JPG鶴来にあるうどん屋『こいし屋』

 

昼食時間帯をずらしたにも関わらず、今日も満席、田舎では珍しい行列が出来き相席もする店です。

 

ほとんどの人がオーダーするのは、ラーメン。

メニューの一番上に書いてあるとか、「一押マーク」がある訳ではありません。

文字だけのごく一般的メニューに埋もれるように同列で表記されてます。

ほぼ、100%固定客と口コミ客です。

私は数年前に偶々飛び込みで入り、順番待ちしている客の存在にまずびっくり。

ウキウキ気分で待っているおばちゃんに「ここの、うどんって、そんなに美味しいのですか?」と聞くと、

「ここは、ラーメンがおいしいよ。」わかっちゃいないね、この若造!みたいな感じで教えてもらえ、ラッキーでした。

 

ご家族総出で営業しているようなアットホームな店。

今日も最後の一滴まで飲み干し、ごっちゃんでした。

人間の耳

| コメント(0)
戦略パートナーとパワーランチした時の出来事。
和風店でオシャレなのは良いが、和装スタッフの草履の歩き方が頂けない。
ペタン、ペタン、、と颯爽と歩き回る。本人は気がつかないのでしょう。

最近年齢の影響なのか、耳が敏感になってきた。
人間の脳は、耳から入った情報でも慣れた音には感じないようです。

試しにICレコーダーで街の音を拾ってみて、聞き直すとよくわかります。
自分にとって無関心の音は感じてないようです。
ロボット技術者の話では、小学生に取り囲まれた音声反応型ロボットは、一斉に話しかける子供達の声でパニックに陥ったそうです。

人間は良くできていますね。


 

yamatoKuroneko.JPG顧客満足を追求し続けるヤマト運輸。

アマゾンを多用する我が家では、ドライバーさんとは顔なじみになってます。

 

香典返しも自分で選べるようになり、食器をオーダーした時の話。

玄関で荷物を受け取る際、

「音から推察するに、中味が割れている可能性があります。この場で開封してもらえませんか?」

案の定、オーダーしたお皿が割れていました。こにらで手続きしますね、と持って帰られました。

ドライバーの仕事は荷物を届ける事、印鑑さえもらえば仕事完了。と見なす人もいるでしょう。

引き取った後、開封して破損に気づいた場合、もろもろの手間がかかります。

 

お客の立場にたち、一歩踏み込んだサービスでした。

後日、大きな箱に3重包装された食器が届きました。

 

One day One drop

| コメント(0)

法律って何なんだろう?

本漆が5%以上含まれていれば「漆塗り」の基準を満たすそうです。
(美味しさで有名な「○○産コシヒカリ」表記のコメも○○産100%は珍しいと聞きます。でも、法律違反でない。)

ちなみに石川県輪島では、本漆100%でないものは輪島塗と呼ばない。
もちろん他産地でも100%本漆の漆器はありますが、少ないらしい。

その漆について興味深い話を聞けました。

漆の木を1回引っ掻いて、一日一滴分だけ採取する。

昼の弁当を持って朝から山に入り一日中歩きまわる。夕方にようやくコップ一杯分になるそうです。


欲を張って二回切ると、その日は二滴とれるかもしれないが、木は弱っていずれ枯れてしまう。(One day One drop)

機械を使って伐採して、漆の液を絞り出す新興国もあるそうです。
目先の事しか考えず、知恵の無い人間にはなりたくないですね。

なごり雪

| コメント(0)

20120326.JPG朝起きたら、積雪がありました。

「なごり雪」でしょう。

 

今年は寒くて実感がわきませんが、いよいよ春になりそうです。

 

これから、体感温度が上昇すると春モノの売れ行きも伸びるでしょう。金沢駅周辺では、新入生、春休みを楽しむ子供や親子連れが目立って来ました。

転勤で金沢を離れる人もいます。

新しい土地では「石川・金沢」の観光大使になって下さいね。

「無形の力」が有形な価値を支えている。

にもかかわらず、

有形なものが、評価されやすい。

人、モノ、お金、

『見えない部分』の評価こそ大切。

(イントロより)

 

草木の根のように見えない部分が大切、会計評価上のバランスシートには絶対出てこない部分。

著者の行動規範18条も、とても参考になりました。

常に、何を優先させ、何を捨てるか、省くかとの戦い。

 

「戦略」とは目に見えないモノ、戦いを省略する事。

簡単なようで捨てるのは難しいですが、執着心との戦いなのですね。

自分の子供の頃(~昭和40年代)、歌謡曲の対象は日本人全般だったはず。
中学生になった昭和四十年代後半より吉田拓郎などのフォークソングが出てきて、音楽は今や多くのジャンルに色分けされている。

ヘビメタなど、田舎もんには想像もつきませんでした。

醤油に「卵かけご飯専用」があるほど、あらゆるビジネスで細分化が進行しています。


先日、新聞で知った『エンゲージメントフォト』。
挙式直前の前撮りかと思いきや、プロカメラマンによって恋人時代を撮影しておき写真集に仕上げるサービスらしい。

 

市場を細分化してニーズ分析すると、新たなビジネスチャンスの芽が見つかりそうです。

 

20120323.JPGアルバカレー

 

金沢カレーが全国に普及中ですが、40年以上前に小松で生まれたカレー屋さん。

 

チキンカレーをオーダーしたら、海老フライも乗ってた。

毎週金曜日は、海老フライのサービスデーでした。

期待を超えるサービスは超嬉しい~。

 

外国産米を敬遠するお客に配慮して、店には地元産のお米ポスターが貼ってありました。

 TPP締結以降、食材の産地表記は増えそうです。

 

農家の社長!

今のうちに飲食店向けポスターを制作しては如何?

 

20120322.JPG今年もきます「ラ・フォル・ジュルネ金沢2012」

 

ゴールデンウィーク中、金沢駅はクラッシック音楽で満たされますよ。

東京はもとより、新潟、琵琶湖、佐賀県の鳥栖でも開催されるようです。

 

20120321.JPG映画『マーガレット・サッチャー』

笑う場面は1ケ所も無い映画。

終始、重苦しい雰囲気の中で回顧録のように進んでゆきます。

恋人と一緒にみるのは避けた方がいいかも?(言われなくても、行かないか、、)

政治家を演じるメリル・ストリープに本人が乗り移ったようで感心しながら観ました。

 

ある意味、社長業も演じること。

 

鬼になったり、親のように接する時もあり、夢を語るロマンティストにもなる等、演技力も必要な資質かもしれません。

サッチャー自身、ボイストレーニングを行っている場面がありました。

 

 

 

  

今月の日本経済新聞のコラム『私の履歴書』は、樋口武男氏

大和ハウスの創業者、石橋信夫オーナーとのやりとりは痺れます。

・創業者が持つ「執念」を、如何にして次の人材に継いでゆくのか。
・引き継がす人間を如何にして見極めてゆくのか。

オーナーがシベリア収容所時代、脱走をはかって連れ戻された者をロシア兵がひるむほど半殺し状態にした。後に殴られた本人が、石橋上官は銃殺から救ってくれた命の恩人だったと、支店まで挨拶に来られたとのエピソードがありました。

両名とも半端でなく怖く、また優しい面を持った人なのでしょう。

樋口さんが書かれた、この2冊はお勧めです。
特に「熱湯経営」は市議時代の山野金沢市長に勧められた本だった事を思いだしました。

まちのり

| コメント(0)

20120319.JPG金沢市内をチャリで移動しよう。

金沢市の公共レンタルサイクル「まちのり

3月24日(土)からサービス開始との事ですが、既に駐輪場に配車されていました。

 

1日200円と言いながらも、30分以内に移動して次のポート(拠点)に返却しないと30分毎に200円チャージされる。

とっても、わかりやすい?システム。

焦りそうです。

サイクリング途中の景色を楽しんだり、わき道に逸れる自分には向いて無いようです。

顧客は誰?

 

経営を学問として扱う「経営学」、MBAの権威者に名経営者はいない。

実業において大切なのは「変化と行動の経営」

末端で起きている一つひとつの出来事、社員一人ひとりの声に耳を傾けることで全体像が見えてくる。その結果、意思決定の方向が示される。

物事を客観的に見て、主観的に行動する。状況認識に主観が入ると、状況が変わってもなかなか変更できない。

「ミクロ・マクロループの経営」と名付け、現場からの毎日の報告、提案を提唱する書。

 

この本をきっかけに週報として実践されている支援企業があります。
『情報なくして戦略なし』です。

20120317.JPG能力開発のナンバーワン理論、西田文郎氏

西田先生の弟子にあたるガッツ飯山さん主催の記念すべき第一回目セミナーに参加。

潜在意識を高め能力を引き出すには行動が大事。

私が経営者に指導している竹田陽一ランチェスターと通じるところが多かったです。

他人を喜ばせる、つまり『他喜力』は個人個人によって異なるが、挑戦を持続させる原動力となり成功につながる。

ろくに働かず会社に対して貢献もしてないのに、残業代を権利として要求する社員に「他喜力」があるとは思えません。

社長!

採用面接時、応募者に対して『他人を喜ばせる為に日々どのように行動しているか?』と問われてみては如何でしょう。

 

20120316.JPG大阪発青森行の寝台特急列車「日本海」

今日がラストランになるとの事で金沢駅でも記念品が販売されていました。

金沢駅21時半頃経由して、12:41青森駅着。大阪から青森まで15時間。

長い~。

 

飛行機ならヨーロッパにまで充分移動できる時間。

退屈なようで本をじっくり読めたり、考え事をしたり、それはそれでスローライフで貴重な時間だったのでしょう。

贅沢な愉しみが一つ減ったのかもしれません。

20120315.JPGランチェスターマネジメント金沢主催、実践交流会

今月は、お客が増えるプロダクションの村上透編集長

徳島県上勝町の株式会社いろどり、他2つの事例でランチェスター戦略を説明してもらえました。

表面しかとらえていないマスコミ報道からは視えない(株)いろどりの横石知二社長の考え方、取組みをじっくり学べました。

 

村上編集長が読み取った横石語録の一部です。

『できないという出口はない』

『つくることより販売がはるかに大事』

詳しくはこちらをどうぞ⇒ 「お客が増える【No.12】」

火災訓練

| コメント(0)

20120314.JPG病院を使って火災訓練

ハシゴ車からの放水、ヘリを使った救助。

定期的に訓練するにはコストも時間もかかりますが、このムダがあるから安心して生活できる。

 

企業経営も必要なムダを敢えて採用する事が戦略的に必要です。

 

孤独を自分の友にしよう。


孤独を友として向き合った時間は、決して自分を裏切らない。
ギリギリまで自分を追い込めば仕事に磨かれて、それが閉塞状況を打ち破る武器になる。

劇団ひとり氏の書評で知った、猪瀬直樹著『突破する力』より

 

必要最低限のメルマガに絞る、各種会合に不義理してでも極力参加しない。

メールや電話の数が減り、ちょっぴり不安な気持ちになりますが、この言葉で納得。

東京の有楽町にある石川県観光物産PRセンター「加賀・能登・金沢江戸本店」

金沢を早朝に出て東京のお客さんに土産を持ってゆく際、ちゃっかりとここで買う「奥の手」でも使えます。

(ばらしてしまった~)

3月14日から27日まで『石川のこだわりフェア』が行われるそうです。
期間中、通常販売品以外に12社からの新商品を展示販売するとの企画。

石川の名産に興味ある方は覗いてみてはいかがでしょう。

有楽町駅から日比谷側に出た、東宝ツインタワーの1階になります。

震災に関する特別番組で知りました。

震災の日の夜、新日本フィルは指揮者ダニエル・ハーディングを迎えての定期演奏会を予定通り開催。

イギリス人指揮者はいままで地震の経験は無く、余震が続く中でタクトをとったそうです。

演奏者のインタビューの中に、指揮者の姿をみて不安な気持ちが消えた。
との趣旨の談話がありました。

指揮者と企業経営者は同じなのでしょう。

この本によると、
プロの演奏者は指揮者の人間力やビジョンをみており、演奏しない最悪の事態もあるそうです。

 

半旗

| コメント(0)

20120311.JPG今日はあちこちで半旗が掲げてありました。

金沢市内の図書館では、1年前の大地震の時刻に合わせ黙とうをささげるアナウンスがあったようです。

 

さくら咲く

| コメント(0)

20120310.JPG

県内の高校受験も終わり、大学入試は合否発表の時期

 

泣いた人、喜んだ人、色々あるでしょうが「はちみつの詩工房」で、ひと足早い桜を発見。

サクラをみると新しい年が始まるとの期待でワクワクします。

 

豊臣秀吉も桜の季節に各地の大名を招いて宴会を開いたそうです。

桜には不思議な魅力がありますね。

 

金沢にし茶屋街

| コメント(0)

20120309.JPG防衛上、二本の川に挟まれた位置にある金沢城。

江戸時代、庶民が遊ぶ場所は川の外側にありました。

西南方向にあり犀川外側に位置する「にし茶屋街」

「ひがし茶屋街」の方が有名ですが、こちらも別の風情があります。

束の間のタイムトリップを愉しみ、先輩経営者達と美味しい料理に舌鼓をうちました。

 

聖地巡礼

| コメント(0)

 

20120308.JPG NHKでアニメの聖地巡礼ブームについて報道していた。  

金沢の奥座敷「湯湧温泉」の事も取り上げて頂きました。

 スタジオ・ジブリのようにクリエーティブな町並みを描けるのは一部の作家。

アニメの制作費を抑える為に、デジカメで撮影した風景を下絵にアニメ化するように製作現場に変化が生じた事も要因にあるとの解説。

モデルとなったポイントとそのアングルを探し当てる事もファンの楽しみらしい。(デジタル化でアナログが重宝される)

映像の中に入り込み一体化したいとの本能があるのでしょうか。

 

 

二年前、酒田市に行った時、『なんか見た事ある風景や~』と感じ映画「おくりびと」のロケ地案内看板を発見。

嬉しくなって撮影スポット数か所を巡ったことを思い出しました。

同じような風景でも、きちんと覚えている脳の容量に関心。

金太郎飴のような風景でなく、いまさら作れないくらいに古くて個性的な街並みが益々魅力的になりそうです。

七尾とうはくん号

| コメント(0)

20120307.JPGJR七尾線を走る「とうはくん

電化開業20周年を記念して、ラッピング列車「七尾とうはくん号」が3月末まで運行されています。

 

高校時代に大変お世話になったJR七尾線。当時はディーゼル機関車で、大雪が降ろうが遅れることはほとんどない強靭なローカル線。電化されるなど、想像も出来ない時代でした。

電化され20年も経ったんですね。

辻口博啓

| コメント(0)

20120306.JPG石川県七尾市出身の辻口博啓パティシエ

地元七尾や金沢でも店を開いています。

 

先日、金沢に初めて来られた方が辻口さんの店でスイーツを食べた時の感想を、言葉でなく体で再現してくれました。

それを見て強烈にその店に行きたくなりました。第三者のメッセージ、しかも言葉でなく体感が伝わる事で心が動きました。

不思議はことが起きるモノで、翌朝に別の方から辻口さんのお菓子をプレゼントされました。

「食べたい~」とのメッセージが伝わったのでしょうか?

20120305.JPG5月22日オープンの東京スカイツリー

 

一般の人が入れるのは、早くとも1ケ月待ちと聞かされたいた。

 

地元の某老舗百貨店の会員向け冊子によると、6月中旬日程で浅草散策パックツアーが限定人数で募集している。(すでに完売かも?)

 

旅行会社がおさえたチケットを各所で分配してるのですね。

オープン後、客のチケットの出所を順にみれれば、代理店との力関係が判別しそうです。

生物の棲み分けを学び、生き続け潰れないことを目的に歩んで来た。
量の競争、コモディティ化の競争には走らない。

主導権は企業から社会に移ってしまった。
社会のニーズを取り入れて製品化しないと受け入れられない時代

市場と企業をすり合わせ、真の答えは顧客しか判断出来ない。
市場からのインパクトを受けているのは顧客。
顧客しか決定権はない。

場所(土俵)を決め、自我を捨ててその「場所」に入るとまるっきり違った世界に見えてくる。

 

哲学書のような本ですが、主体性をもって自分のビジネスを掘下げようとの動機づけになります。

 

元巨人軍監督、三原脩「風雲の軌跡」より

当たり前の話ですが、野球のベース上に居るのは安全。
そのベースから足を離さない限り、次のベースには進塁できない。
いくら塁上にいてもホームベースに戻らないと点数は入りません。


20120302.JPG音楽やソフトウェアをダウンロードできるAppleのApp Store

今のペースなら日曜あたりで、累計利用数が250億回に達しようとしています。

1回につき仮に1円チャージなら250億円、世界規模の集金装置とも言えます。

250億回目のダウンロード目当ての人達でサイトがダウンしないことを祈ってます。

玄米

| コメント(0)

20120301.JPG23世紀型お笑い系百姓、林農産

 

林さんちの商品は、名称だけで笑えます。

10日ほど前から「一番打者ハナエチゼン」を玄米で頂いてます。

ゆっくり食べられる効果もあり、一膳で充分にお腹が一杯になります。

ダイエットにも良さそうです。

 

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.23-ja